ナフプリオ二日目
2011 / 05 / 13 ( Fri )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

6/4 金
7:20に起床。8:30、朝食を取りに、ホテル最上部のレセプションへ。
レセプションの向かいにビュッフェ・スタイルの朝食が並んでいます。
食べる場所は表のテラス席か、レセプション横の室内席。半分以上のテーブルが埋まっています。
お天気も良いし、やっぱりテラス席だな。
ドリンク・サーバーの前で「コーヒーはどれかな?」と思っていたら、すかさずオーナー兄弟の
一人が「これがコーヒー、これがお湯、これがミルク」と説明。素早い!
明るいテラスで写真撮りつつ、ノートを書きつつの朝食。気持ち良い朝です。
ナフプリオ_ホテルからの眺め テラスからの眺め

部屋に戻ったら、ドアの前でカワイイ猫さんが走り寄ってきたのでしばし遊びました。
ナフプリオのホテルにいた猫さん ふんばる足がカワイイ

10:30外出。まずはインフォメーションに行き地図を入手。
英語とギリシャ語が入り混じっているので、使い勝手は微妙です 笑。広告がいっぱい。
裏側はこの地方アルゴリダ(アルゴリス)と、アルゴスの街の地図になっています。
思った程には資料が無かったのですが、スタッフはフレンドリー。

最初にパラミディ要塞(城跡)に登るはずが、入り口を通り過ぎてビーチに出てしまいました。
せっかくだから周囲を散策。こんな大きな街のこんな中心近くに、キレイな海!
ナフプリオのビーチ (2)
ナフプリオのビーチ (1)

パラミディの方へ戻る途中、アクロナフプリオの要塞跡への標識があったので、先にこちらを見学。
眺めが良いです。ブルジ島も良く見えます。
アクロナフプリオへの道から見たブルジ島
アクロナフプリオ (4)
アクロナフプリオ (1)
アクロナフプリオ (2)
アクロナフプリオ (3)
何か特別なものがあるわけではない(中は空き地っぽい)ので、パラミディと比べたら地味かな。
ゴージャスなホテル、「ナフプリオ・パレス」はすぐそばです。

アクロナフプリオから下る道で、話好きなギリシャ人オヤジに捕まりました。
ホンダのバイクに乗っています。(名乗ったのですが、真剣に聞いてないので忘れました)
バイクに乗せてあげるとか、レツィーナをおごるよ(まだ昼前だろ!)とか、
キミは美しいね(私はサングラスをかけていたんですが)とか、まあ、喋る喋る。
油断していたら、私の手の甲にキスしまくるし!
適当にあしらって道を下ると、追いかけてきて「バイクに乗りなよ」と。もちろんお断り。
そのままバイクは下っていったのですが、数分後、またやって来て、私に手を振りながら上へ。
オヤジ、一体、何をしているのだ?

気を取り直してパラミディ(Παλαμήδι )へ。
ちなみにパラミディとはトロイヤ戦争で活躍したギリシャの英雄の名。
こんな地味な登り口じゃ、見逃しますよ。
パラミディへの石段のスタート地点

石段をひたすら上へ。その数約1000段。「999段」とか「857段」とか言われていますが、
私が帰りに数えたら889段でした。暑さでクラクラしていたからなあ。正解は?
(ちなみに車で行くルートもありますが、とんでもなく遠回りなので徒歩ではきっと無理)
パラミディへの石段
この日は晴天で太陽ががんがん。来るなら、石段が日陰になる、朝早い時間が良いかも。
途中「お、入場口?」と思わせるフェイント?に3回くらい引っかかり、泣きたくなります。
パラミディへの石段から 街を見下ろすこの景色でも、高い所にいることがわかります。


でも、そんな苦労をしてたどり着いた中は、見ごたえ十分!入場料は4ユーロ。
築かれたのは17世紀末~18世紀初頭と極端に古いわけではないので、保存状態も良好です。
見所の一つは「コロコトロニス将軍の牢」みたいですが、課外授業の小学生軍団に遭遇。
ワイワイとうるさいし、牢にも近寄れません。
仕方なく、先に他のエリアをぐるりと回ります。高い所だけあって、ここも眺めは抜群。
パラミディ要塞(城跡) (1)
パラミディ要塞(城跡) (2)
パラミディ要塞(城跡) (3)
パラミディからの眺め

頃合いを見計らって将軍の牢に戻ったら、誰もいなくなっていたのでゆっくり見学。
中にも入れます。こんなところに閉じ込められたら嫌だろうなあって場所でした。
コロコトロニス将軍の牢 (2) ↓入口はしゃがまないとくぐれません。
コロコトロニス将軍の牢

14:30頃、パラミディを降りてKTELへ。
窓口のおじさんによれば、スパルタに行くにはトリポリでバスを乗り換える必要があるそう。
8:30と16:30の2便(珍しくタイムテーブルの冊子あり)。8:30か。早いなあ。
暑さにクラクラしたので、KTELで休憩しつつ亜希さんにメール。

15時頃にホテルに戻ると、中庭への入り口横に置かれた巨大な瓶?の中をのぞいている少女二人。
「何だろ?」と私ものぞいたら、朝、遊んだ猫さんと、産まれたばかりの子猫たち!きゃあ~。
子猫はまだ、目も開いていません。あんなに華奢なのにお母さんだったんだ。
ホテル横の瓶の中の猫さん

ポテトチップやピスタチオなどを昼食代わりにつまみ、16時過ぎに再び外出。
シングルー通りを北へ歩き、海にぶつかったところで左折。
しかし、きれいな街だな~。メインの通りはゴミも見当たりません。

港まで来ました。ブルジ島に渡ってみたかったのですが、船の営業は終了しているみたい。
これだけキレイな街に暮らしていたら、性格も穏やかになりそうだな。
ナフプリオ (2)
ナフプリオ (3)
ブルジ島
ナフプリオの観光列車 街を回る観光列車

タベルナが並ぶ通りを歩き、シングルー通りへと戻ります。
ナフプリオ (1)
ナフプリオ (4)

再びKTELへ。窓口は先ほどと同じおじさん。見た目はちょっとコワイ人。
「トリポリ行き」と言うつもりが「スパルタ」と言ってしまい、おじさん「は?」みたいな顔。
「(さっき説明しただろ、な表情で)スパルタじゃなくて、バスはトリポリまでで…」と
説明が始まったので「ああ~、トリポリに行きます。トリポリ行き1枚!」6.0ユーロ。
口調は強いんですが「バスはそこ(建物の入り口前)から出るから」と教えてくれました。
その後、宿に戻って一休み。

21:00、レセプションに行き、明日のチェックアウトについて尋ねます。
バスが8:30だから、8:00過ぎにはチェックアウトしたいところ。
「今でもOKだよ」と言うので、二泊分100ユーロを支払うことにしました。
ところが「カードじゃなくて、キャッシュにしてくれないか」
え~?チェックインの時はカードで良いって言ったのに~。
(ただし、カードOKと言ったのはこの男性とは別の人で、この時には不在)
払えないわけじゃないし、1泊50ユーロはGood Priceだと思うし、支払うことにしました。

21:30、夕食を取りに近所の「ΜΕΖΕΔΟΠΩΛΕΙΟ Ο ΝΟΥΛΗΣ(オ・ヌリス)」へ。
ローカル色が豊かな、家庭的な雰囲気のお店です。
ナフプリオ_オ・ヌリス (2)
ピキリアとビール(ミソス)をオーダー。プソミ(パン)は必要かどうか聞かれました。
小皿のオリーブはビール用かな?
ナフプリオ_オ・ヌリス (1)
料理をサーブしてくれたお姉さん、ギリシャ語で「Είναι όλα εντάξι;(Everything is OK?)」
もちろん「Ναί!」と答えます。
キレイに料理が並んだピキリアのお皿。
ナフプリオ_オ・ヌリス (3)
アテネの「グリキス」で食べたピキリアとはまた違って、面白いですね。
昼間歩いたタベルナがたくさん並ぶ通りでの食事も良いけど、こういったお店も好きだな。
ナフプリオ_オ・ヌリス (4)

22:30、会計をして店を出ます。レシートは食事のサーブ時、一緒にテーブルに置かれました。
合計は12.0ユーロで内訳は以下の通り。支払いは1ユーロをプラスしました。

ピキリア 8.0
ビール 3.0
プソミ 1.0

パラミディがライトアップされていたので写真撮影。でも難しくて、良い写真は撮れません。
猫さんの姿を見つけたので後を追ったら、集会?に出くわしました。6匹ほどが集合。
首輪を付けているのは1匹だけですが、どのコも人懐こく、スリスリしてきます。
きりがないので、やって来た他の観光客達に猫さんが気を取られているうちに退散、と思いきや、
その観光客も実は同じホテルで、同じ方向に歩いて来ます。結局、猫さんにもう少し付き合うことに。
夜のナフプリオで猫の集会

23時にホテルへ。猫さん親子は同じ瓶の中ですやすや。大きく育ってね~。
明日は早いのでせっせとパッキング。TVをつけたら、サキス・ルヴァスのLiveを放送している…
どうやら私が持っているLiveCDの映像版みたい。思わずパッキングの手が止まる(色んな意味で)笑 

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(ナフプリオ→トリポリ ※明日の乗車分) 6.0
食費 メゼドポリオで夕食 13.0
宿泊費 50.0
その他 パラミディ要塞の入場料 4.0

おまけ: ナフプリオのヴァーチャル・ツアーが楽しめるサイトがあります→ http://www.nafplio-tour.gr/
ギリシャで1番美味しいという人もいるイタリアン・ジェラートの店。「Antica Gelateria di Roma
私は未訪ですが、機会があったらお試しあれ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

02 : 55 : 23 | 3.ペロポニソス再び | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<ナフプリオから再びスパルタへ | ホーム | スキロス島からナフプリオへ>>
コメント


ナフプリオ、懐かし~ 新婚旅行でいきました。整っている、というのと町並みもきれいに守っている、という意味でもこんなにきれいな町はギリシャでも少ないんじゃないでしょうかね。

ギリシャ人が「俺は金持ちなんだ」というのをアピールするときは必ずナフプリオの話がでるような。ギリシャの軽井沢? 笑

by: yetiherder * 2011/05/13 05:00 * URL [ 編集] | page top↑


行ったお店や撮った場面がかなりかぶっている気が!(笑)

>>「これがコーヒー、これがお湯、これがミルク」と説明。素早い!
気が利く人だなぁ。

ふんばるねこさんと丸まるねこさん、可愛い。

by: う * 2011/05/13 11:48 * URL [ 編集] | page top↑
★>yetiherderさん

え~~!新婚旅行で!同じギリシャとはいえ、島とは雰囲気が違いますよね。
地図に載っていた広告もオシャレなホテルのものが多くて、新婚旅行に選ぶのもわかります。
ほんと、キレイな街だった。街の人の努力もあるのかあ。
日本人に限らず、他国の人はギリシャをハネムーン先に選ぶけど、
一般的にギリシャ人はどうするんでしょうか?
私はですね、「仕事が忙しくて長く休めないよ」というあの人に合わせ、
「二シロス」「イオス」「アスティパレア」から選ばせます。(あの人って誰さ?)

>ギリシャ人が「俺は金持ちなんだ」というのをアピールするときは必ずナフプリオの話がでるような。ギリシャの軽井沢? 笑

あはは!逆に言えばナフプリオに詳しかったらその人はお金持ちってこと?メモっておこう。
以前の同僚で、実家が北軽井沢って男の子がいたんだけど、
「お前さ~、『軽井沢に家がある』じゃだめなんだよ。『軽井沢にも』じゃなきゃ」
って言われてたのを思い出した 笑

by: フムフム * 2011/05/13 14:45 * URL [ 編集] | page top↑
★>う さん

> 気が利く人だなぁ。

まさに。サービス業に従事するなら、こうじゃないとね。

う さんもナフプリオ経験者?
今回は2泊しか滞在しなかったので、意味なく歩き回ることはやめて観光に徹してみた。
色々とかぶっている私たちは同じセンスなのか?嬉しい?それとも?

ナフプリオの猫さんは何だか性格が良さそうだったな。土地柄かな?

by: フムフム * 2011/05/13 14:53 * URL [ 編集] | page top↑
★海、綺麗だー

ミロポタもたいがい綺麗だと思うけど
ナフプリオも綺麗だね。
あと海が綺麗な有名どころといえばサモス?

by: TOMOKO * 2011/05/13 20:05 * URL [ 編集] | page top↑


確かにきれいなところよね!
私が訪れた時、人がいないのよ、2度も。。。時間のせいかなぁ~~
ビーチにはそれなりに人がいました。なぜか妊婦さんの水着姿に目が釘つけになった。
デッシュおいしそう、チョットづつがたくさんあるのがいいwどうやって注文したの??
たべたいなぁ~

by: ホソ * 2011/05/13 22:22 * URL [ 編集] | page top↑
★Re:海、綺麗だー

>Tomoちゃん

島のビーチがキレイなのはわかるんだけど、本土で、しかも大きな街で、
ここまでキレイな海とは思わなかった。
サモスは北側のビーチが特にキレイらしいね。
私は南側のピタゴリオに滞在していたので(2007)、次回は北側に行ってみたいんだ。

by: フムフム * 2011/05/13 22:36 * URL [ 編集] | page top↑
★>ホソさん

ホソさんもナフプリオに行ったのね。しかも2度!
初日の記事で書いたけど、夕方以降は旧市街でも奥の方(海から離れた方)は静かだったよ。

このワンプレートは「ピキリア(ποικιλία)」なので、お店で「ピキリアありますか?」って尋ねれば良いと思う。
店によってはないかもしれないけど。
一人旅だと何種類もオーダー出来ないから、少しづづつまめるのは嬉しいよね。

英語pikiliaで画像検索すると、すごいお皿が出てくる。まさに盛り合わせ。

by: フムフム * 2011/05/13 22:50 * URL [ 編集] | page top↑


ピキリアって頼んだことないや。
ソーセージがバンバン載ってる前の写真と比べると、ここのは上品だね。
あいかわらず当たり外れが激しそうで、食に保守的な私は怖いわw
スパナコピタの上のごまが付いてるのは何だったの?

by: yumyum * 2011/05/14 01:25 * URL [ 編集] | page top↑
★>yumyumさん


> スパナコピタの上のごまが付いてるのは何だったの?

う~ん、う~ん………思い出せない。。。ノートに書いてなかったよ。誰か教えて。
完食したことは覚えている。って、いつものことか。
今は、好き嫌いはほとんど無いからね。

by: フムフム * 2011/05/14 01:53 * URL [ 編集] | page top↑
★ゴマ

チーズパイじゃなかろうか?

by: TOMOKO * 2011/05/14 04:48 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: ゴマ

>Tomoちゃん

> チーズパイじゃなかろうか?

おお、そうだ、そうだ。きっと。
写真見て「ティロピタかぁ?」とちょっと思ったんだよね。
手前がホウレンソウだし、謎の食べ物だったらその時ノートに何かしら書いただろうから。
でも、ゴマってのに引っ掛かって自信半分くらいだった。
あ~、すっきりした。エフハリスト・ポリ!

by: フムフム * 2011/05/14 09:28 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/49-f1e8541c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |