スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アナフィ島三日目
2011 / 05 / 20 ( Fri )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

6/9 水
7時前に目を覚ましたものの、ベッドでぐずぐず。起きたのは8時。
少し雲が出ていましたが、部屋でのんびりしているうちに天気が良くなりました。

11:00外出。港に行くバスを見送った後、「Souvenir」の表示が出ているお店へ。
オープンしていたので地図を購入。裏面は希・英・仏三ヶ国語のガイドです。4ユーロ。
さらに、若い店主から「これ、いる?」と、オフィシャルのパンフレット(ギリシャ語のみ)と、
半分ガイド・半分は宿案内の冊子(ギリシャ語と英語)をもらいました。
地図と貰ったパンフなど

11:20 モナステリ行きのバスに乗ります。片道1.7ユーロ。乗客は8人くらい。
途中のビーチ「Ρούκουνας(ルクナス)」で3人が降りました。
ホラから15分ほどでモナステリに到着。
といってもモナステリの前ではなく、離れた、何も無い所で降ります。
本当のバス停はもっと手前のようですが、モナステリに近い所まで走ってくれているようです。
遠くに見えるモナステリまで、みんなスタスタと坂を上って行きます。
↓これはしばらく歩いたところからの写真。
ゾオドホス・ピギ修道院 (2)

私も遅れて到着。「Μ.Ζωοδόχου Πηγής (ゾオドホス・ピギ修道院)」
ゾオドホス・ピギ修道院 (1)
脇から入ってみると中庭のようになっていて、キレイな教会がありました。
ゾオドホス・ピギ修道院 (4)
女性のパンツ姿はOKですが、肩と膝上を出すのはNGで、覆うための布が用意されています。
職員?(僧服じゃなく普通の服装)の男性がキャンディを配ってくれました。
教会は新しいようで、天井画も鮮やかです。
ゾオドホス・ピギ修道院 (3)
ゾオドホス・ピギ修道院 (5)

飼われているらしい小型犬がまとわりついてきます。(ギリシャで犬に好かれるんですよ、私)
かわいいので写真を撮っていたら、教会から出てきた先ほどの職員が、私と犬に向かって
「ファーギ(or ファーゲ)!」 「え?όνομα (=name)?」 この子の名前のようです。
修道院のファーギ

修道院の外に出てぷらぷらしていたら、やって来た職員のおじさんが「ντομάτα」と言って、
プチトマトをくれました。おじさんが手入れをしている庭からの、もぎたてみたいです。
その場で一ついただきます。美味しい~!
修道院の裏手の庭_トマト収穫中? もらったトマト
トマトを手に、周囲を歩いて写真撮影。
修道院からの眺め (2)
修道院からの眺め (1)
修道院のそばで

ひと通り歩き回り、時刻は12:45。ホラに戻るバスは17:45。5時間もどうしよう?
実は、ゾオドホス・ピギ修道院からさらに岩山を登ったところにある修道院「Μονή Καλαμιώτισσας
(カラミオティッサ修道院)」が、アナフィ島の見どころの一つ。
大して予習をしていない私はゾオドホスを見学してすっかり満足してしまい、カラミオティッサのことは
完全に頭から抜けていました。
バスで一緒に来た人は、おそらくカラミオティッサに向かったものと思われます。
※画像を探ったのですが、前述のもらった冊子の写真が一番すごかった。
こんな所に歩いて行くのか。。。
カラミオティッサ

近くにはアポロ神殿跡があり、こちらはチェックしていたのですが、同様にすっかり忘れていました。
ホラへの帰路の途中で(1時間以上歩いてから)気付き、「あ゛~!!!
ああ、私ったら。何かもらって食べると忘れちゃうとか?何なんだ、一体。笑

ということで見所を忘れたまま、バスを待てない私はホラまでのんびり歩くことにしました。
地図に掲載された写真がキレイな「Αγ.Μαρίνα(聖マリナ教会)」に行ってみようかと思い、
バス道を外れて山道を進んでみましたが、かなり不安な道なので、断念。
これは途中で見た海辺の教会。降りてみれば良かったかな?
ホラへの帰り道で

ホラの近くからだと、カラミオティッサは岩山のてっぺんあたりに小さく見えました。(多分)
遠くに見えるのがカラミオティッサ

モナステリから歩くこと、2時間以上。(寄り道もしていますが)
一番暑い時間に歩き回ったようで、クラクラしながらホラに帰ってきました。
水を買おうと店にいったらClosed。。。
仕方ないので、部屋で過ごすことにします。明日からのプランを練ろうかな。
船のスケジュールは、島の掲示板に貼られていたのでチェック済み。
明日はキクラデス諸島方面と、ロドス方面行き、それぞれ1便あります。朝の出発。
旅に出る前はフォレガンドロス島に興味があったので、キクラデス諸島行きにしようかな?
6/16には再び本土・パトラに行かなければならないので(理由?ミロンさんのLiveです)、
ドデカニサに行ってしまうと、戻って来るのに時間がかかるし。
で、キクラデスのどこにしようかなあ~とロンプラをパラパラ見ていて。
「あ、イオス島か。ここならアナフィから近いし、いいかな?」
イオス島からもうひとつ島に渡れそうだし、ピレウスに戻りやすいはず。
島ならやっぱりビーチだよね、とロンプラの記述を読み、ピックアップしたのがここ、
ミロポタス(Μυλοπότας)にあるHotel Nissos Ios
ロンプラではかなり強力に薦めています。人気の宿なら予約した方がいいのかな?
港とミロポタスは離れているけど、スキロスみたいにすんなり移動出来るかしらん?
とりあえず、電話だけでもしてみようかな。・・・・・つながらないよ。

どうしようかなあと思っていたら、宿のオーナーがやって来ました。
「γλυκά(スイーツ)よ」と言って、一口サイズのパイをくれました。手作りかな?
明日のチェックアウトについて話します。
朝が早いので、支払いは今夜19時。上の階にあるオーナーの自宅に来て、とのこと。
オーナーにもらった甘いパイ

オーナーが去ってから、再びイオスのホテルに電話。あ、今度はつながった。男性が出ました。
「明日、アナフィからイオスに向かうので予約をしたい」と話したのですが、途中で相手が
どこから?」と尋ねます。ん?だから今はアナフィ島にいるんだってば。
もしや国籍?予約するのに国籍なんて聞くのか?と思いつつ「Nationality?Japan」と答えたら、
電話の相手が変わり、日本語が聞こえてきました!へ???
Hotel Nissos Iosのオーナーはギリシャ人ですが、奥様は日本人だったのです。
オーナー曰く「電話で話していて、日本人の様な気がした」ので、電話を替わったとか。 
何はともあれ日本語は楽。シングル1泊25ユーロ、港にピックアップに来てくれるそうです。

これで明日の予定は決まったし、アナフィでの残り少ない時間を楽しまなくちゃ。
夕焼けの写真を撮りたくて19:30頃に外に出ましたが、まだ太陽は高い所にあります。
ホラにて
歩き回って、写真を撮るのに良いポイントを探しますが、ミニ・マーケットが開いていたので、
水を買いに。ついでにトマトを2個買いました。
荷物を置きに一度部屋に戻ってから、再度、写真撮影に出ます。
太陽が沈みかけていてあわてて撮影ポイントへ。
夕焼け自体は美しいのですが、方角のせいか街を染めるような色の出方?にならなくて残念。
ホラの夕焼け (2)
ホラの夕焼け (1)

20:30に夕食を取りに出ます。
途中、船の代理店が開いていたのでイオス島行きを購入。8.8ユーロ。
(夕食から帰って来る時には閉まっていました。営業時間は謎です)

これまでと違う店で食べようかなあと、ホラの街を歩くと、ものすごく視線を感じます。
この島で東洋人は珍しいのかもしれないけど、そんなに見ないで下さいよ。
「ト・ステキ」は相変わらずの賑わい。その近くの店は対照的にガラガラ。営業してないのかな?
結局、初日に昼食を取った「リオトリビ」に行きました。
ステキほどではありませんが、こちらもテラス席はかなり埋まっています。
私は寒いのが嫌なので、屋内席へ。こちらは空いていて落ち着くし。
オーダーを取ってくれたのはマリア。びっくりするような美少女です。15~17才位かな?
彼女の美しさに気もそぞろになりつつ、オーダーしたのは以下の通り。13.6ユーロ。

カラマキ・コトプロ 7.0
ズッキーニ・ボール 4.0
プソミ 0.6
フラッペ 2.0

大好きなズッキーニ。予想通り、モチモチの食感です。
リオトリビにて
カラマキ(καλαμάκι)=ストローとかスティックの意味。なので串刺しのスブラキと同じ。
トマトがあると、なお良かったけど、塩加減は好みでした。
リオトリビにて (2)

手をつけなかったパンは二切れ持ち帰り。
会計をお願いしたら、伝票と一緒にスイーツが。「これは何?」とマリアに尋ねたら「ディプラ」
リオトリビにて_ディプラ (1)
ノートに綴りを書いてもらいました。「δίπλα」複数だとディプレス。
英語で書くとdiples。クレープ生地を揚げて、蜂蜜などをかけたデザートです。
嬉しいなあ~。支払いは1ユーロをプラスしました。
このお店の紹介ページです。→ ここ

部屋に戻ってパッキング。明日は5時起きです。
船の出発は7時で、ホラからのバスは船の出航時刻に合わせ、その45分前に出るので6:15分発。
乗り遅れたら、自力では絶対間に合わないので寝坊は厳禁。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(ホラ→モナステリ) 1.7
      船(アナフィ→イオス ※明日の乗船分) 8.8
食費  タベルナで夕食 14.6 
     ミニ・マーケットで水など 1.39
宿泊費 20.0(朝食無し) 
その他 地図 4.0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 01 : 00 | 4.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<アナフィ島からイオス島へ | ホーム | アナフィ島二日目>>
コメント
★グリコは

ミジトロピタだね。

・・・だから食べ物以外のコメントも残せってか?

by: TOMOKO * 2011/05/20 00:35 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: グリコは

>Tomoちゃん
これ、Μυζήθραかあ。いやあ、勉強になるね。
けっこう甘かったよ。カスタードクリームみたいな甘さ。
今度、作って下さいな。

食べたモノをほとんど記録している私もどうかと思うわw

by: フムフム * 2011/05/20 01:42 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/54-23a51393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。