スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
イオス島からシキノス島へ
2011 / 05 / 30 ( Mon )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

6/13 日
目覚ましで6:45に起床。
8:30にレセプションに行ったところ、まだ開いていません。
なのでビーチに行って写真撮影。名残惜しいなあ。
ミロポタスの朝

ホテルに戻ると、オーナーの弟・バンブーの店主がいたので
「ともちゃんは何処かな?レセプションは何時に開くの?」 と尋ねると「9:00」との返事。
次に行くシキノス島について話をしました。「フォレガンドロスの隣だね。ήσυχος な島だよ」
「イシホス?」「quietって意味だよ」 へええ。イオスとはまた違うタイプの島かな。

9:00にレセプションに行くと、オーナーのペドロがいました。携帯電話で話し中。
電話の相手はともちゃんで、私に代わってくれました。
10:35の船でシキノス島へ行くことを告げると、10:00にホテルに来てくれるとのこと。
発つ前に会いたかったので嬉しいな。
宿代の支払いをしようと思ったのですが、ペドロはバタバタと車で港へ行ってしまいました。あらら。
部屋に戻るとスタッフが通りかかりました。何度か顔を合わせている、感じの良い女性です。
「Καλημέρα(おはよう)!」「Καλημέρα」
今日、発つことを告げて握手をしたら、「○○○(←知らない言葉)」。
私が「ん?」という風に首を傾げたら「Είσαι ωραία」 ええっ?そんなことありません

10時少し前にレセプションに降りると、バンブーにともちゃんの姿がありました。
4人の子供達も揃っています。元気いっぱい、かわいいなあ。
宿泊代をカードで支払い。まだまだ続く旅ですから、カードを使える所は助かります。
バンブーのテーブルを借りて、お話&写真撮影。
旅先で知り合った人を写真に収めるのって、ちょっと切なくなるので苦手なんですが、
今日は特別です。奥に見えるのはバンブーの店主。
お世話になったともちゃん一家
超カワイイ恭子ちゃん。右は、お借りした、まだ子供たちが小さい頃のお写真。
恭子ちゃん 41a05b91fcb183376965a5a93f0c06c2db1ebcbe25.jpg

10:15 ともちゃんの車で港へ向かいます。子供達も全員一緒です。
船に乗る際は、港のゲートの手前、ギリギリの所で見送ってくれました。
ありがとう。本当にありがとう!
また来ますからね!(・・・← 本当に再訪してしまった記事は「2010-11Winter」にて

船は室内に椅子がずらっと並ぶタイプ。席番号はありますが、私の席にはすでに他人が。
空いているし、適当な場所に座ります。シキノス島までは20分程。
(「アナウンスがあるまでは出口に行っちゃだめ」と制止されました)

シキノス島(Σίκινος )到着。10人も降りません。
港には客引きが待ち構えていました。といっても3人程。
「ウチに」「ウチに」と先を争いますが、当人たち、楽しんでいる風なところも。
一番積極的な男性に「ホラに行きたいんだけど」と言うと
「ホラには部屋はないよ!(←ウソです)ウチを見ないか?嫌なら戻ってかまわないから」
1泊20ユーロ、港から150m(←実はもっとある、と思う)だと言うので見ることにします。
男性の運転するバンに乗り込み「Γαλήνη(ガリーニ)」へ。英字ならGalini。
γαλήνη(=calm,quiet)は宿の名前によくありますね。
シキノスの宿「ガリーニ」 (1)
小さい島だし、まったく期待していなかったのですが、いやぁ~、ビックリしました。
キレイで広い!まだ新しいのかなあ?スタジオ・タイプなのでキッチンも充実。
ここには2泊し、3日目は夜のボートで島を離れることを話すと、チェックアウトは15時過ぎでも
いいよとのこと。宿泊決定。
シキノスの宿「ガリーニ」 (2)
シキノスの宿「ガリーニ」 (3)
シキノスの宿「ガリーニ」 (4)
荷解きを終えたら、ポテトチップと、イオスで買った缶詰で昼食。

13:45に外出。ホラ行きのバスが14:45発なので、それまで港周りを散策。
海が透明で、底までよく見えます。港のそばでこんなにキレイな海だなんて。
イオスで言われたように静かな島です。でも意外と旅行客がいるみたい。
シキノス_港付近で (2)
シキノス_港付近で (3)
シキノス_港付近で (1)

予定通りバスでホラへ。1.4ユーロ。車掌さんとして、年齢不詳の少年が乗っています。
バスはゆるゆると坂を登ります。宿のオーナーは「歩いて1時間」って言っていたけど無理だって!

10分ちょっとでホラに到着。というか、前方に座っていた乗客が「ここだよ!」
彼らはここから30m程先で降りました。停留所ってどうなっているのかしらん?
「Castle」の標識があったので、登ってみます。白い家が並ぶ路地の間を上へ上へ。
シキノス_Castle

白く塗られた石段の先には
シキノス_カストロにて (3)

修道院がありました。ゾオドホス・ピギス修道院(Μ.Ζωοδ.Πηγής )。
私が行った時は中に入れませんでした。
(オフィシャル・サイトには午後~夕方に訪問可能とあります)
シキノス_ゾオドホス・ピギス修道院  (1)

高い所だけあって、眺めが抜群。遠くに島々が見えます。あれはフォレガンドロス?
ともちゃん家の子供達が、冗談で「シキノスまで泳いで行くよ」なんて言っていたくらい、
このあたりは島々が近いんですよね。
シキノス_カストロからの眺め (2)
シキノス_カストロからの眺め (1) 落ちたらコワイ…

Castle=修道院の外塀なのかな?
しばらく歩いてみましたが、さらなる標識は見つかりませんでした。
シキノス_ゾオドホス・ピギス修道院  (3)

石段を降りて路地を散策。本当に静かです。塗りたてなのかな?白いラインが映えます。
シキノス_カストロにて (5)
シキノス_カストロにて (4)
シキノス_カストロにて (1) シキノス_カストロにて (2)

猫さんも、実にのんびり。
シキノス_カストロの猫さん (3) シキノス_カストロの猫さん (1) シキノス_カストロの猫さん (2)

ホラは、Castleがあるカストロ(Κάστρο)と、道を挟んだ向かい側のホリオ(Χωριό)という
二つの地区から成っています。
カストロを散策したあと、ホリオにも行ってみましたが、こちらも静まり返っています。
日曜の午後という時間帯のせいもあるのでしょうが、独り言さえためらう位の静けさ。
ホリオからカストロを見るとこんな景色。明日、もう一度、周ろうかな。
シキノス_ホリオから見たカストロ シキノス島のマーク
公用車かな?車体にあったシキノス島のマーク。↑

18:00のバスで、港&宿があるアロプロニア(αλοπρόνοια)へ戻りました。
一度部屋に戻ってから、スーパーに買い出しへ。
色々買って11.1ユーロ。お釣り用の小銭が不足しているのか、札で15ユーロ出したら
「0.1はない?」「1ユーロのコインはない?」。 面倒 笑。
水(1.5ℓ)を2本買ったので、かなり重い荷物。宿までが遠く感じられる。。。

シャワー&洗濯の後は、バルコニーでのんびり旅のノートをつけます。
暗くなってから夕食の支度。せっかく充実のキッチン付きの部屋なんだから、活用しないと。
と言っても2泊だからあれこれ買うわけにもいかず、必然的に簡単なパスタに。
適当に作ったわりには美味しくて、大満足。
自炊しました

TVでW杯の模様を放送しています。ドイツVSオーストラリア。
別のチャンネル・ΣκαιTVで「Amstel Live」をやるので見ようと思っていたら、ウトウト。
気付いたら0:20。1:30までつけてたけど、見たいアーティストは出なかった・・・
顔を洗って2時に就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(アロプロニア⇔ホラ) 1.4×2
食費  スーパーで水等 11.1
宿泊費 20.0(朝食無し)

おまけ: 小さな島、シキノスですがこんなキレイなオフィシャル・サイトがあります。
http://www.sikinos.gr
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 52 : 49 | 4.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<シキノス島二日目 | ホーム | イオス島三日目>>
コメント
★すっごいでぶ。

長男も開口一番
「太ってるなぁ」
事実なんだけどね。
いまはこの時より5kgくらい痩せてるんだけど
そんないい訳ここで言ってもしょうがないな。

それにしてもシキノス綺麗だねぇ!
しかもまたしてもこんな時間に
パスタの写真…
おなかすいた。

by: TOMOKO * 2011/05/30 03:18 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: すっごいでぶ。

>Tomoちゃん

年末に会った時も、既にこの写真より痩せてたもんね。
5kg!。それは大事。← 大きな声で言っておこう!
でも、忙しい夏に備えて、鍛えた方がいいということはないの?

シキノスね、静かだったよ。ほんと。イオスのPOPな感じとはまた違ってた。
ギリシャの島って言っても、同じってことはないんだなあとあらためて思った次第。

by: フムフム * 2011/05/30 11:57 * URL [ 編集] | page top↑


写真だけだと白の風景で、島が変わったことに気付かないよね。
TOMOKO さんファミリー、楽しそうですね。フムフムさんも楽しかったのがよーくわかります。
日本食はなかったの?
私が思う、私のお店は、日本人観光客にはおにぎりを、イギリス人観光客には紅茶を・・はやるだろうといつも妄想してますよ。
リンクよろしく、こちらもさっそくしちゃいます。

by: ホソ * 2011/05/31 16:03 * URL [ 編集] | page top↑
★>ホソさん

> 写真だけだと白の風景で、島が変わったことに気付かないよね。

笑 その場にいると違いがわかるんですけど、写真だと難しいわぁ。
(ここだけの話、某観光局でさえ、違う島の写真を出版社に渡すくらいだから)
地名とか教会・修道院の名前なんて、同じのやたら多いしね。

日本食、アテネ近辺にお店はあるけど、島はどうだろう?中華はあるけど。
私は、ギリシャを旅している時に日本食を恋しく思うことは皆無だなあ。
暮らし始めたら、また違うんだろうけど。

by: フムフム * 2011/05/31 17:16 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/58-b2b0d333
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。