シキノス島二日目
2011 / 06 / 01 ( Wed )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

6/14 月
7:00に起床。今日も良い天気です。昨日買った果物が朝食代わり。

9:00に外出。
1台のバイクが近づいて来て、「Καλημέρα(おはよう)」と挨拶されました。
ん?誰だっけ?
「Θα φύγετε σήμερα; (今日、発つの?)」
あ~、宿のオーナーか。サングラスをかけていないからわからなかったよ。
「Όχι(=No). Άυριο(明日だよ)」
って、何故ギリシャ語で尋ねる?(こちらも答えちゃっていますが)
確認したらバイクで走り去りました。
このオーナー、誰かに似ているなあと思ったら、私の愛聴するフレッドでした。
ギリシャと関係ないけど(フレッドはフランス人)、これ良いですよ♪
俺の種子俺の種子
(2008/07/06)
フレッド

商品詳細を見る


9:15のバスでホラへ向かいます。バスは遅れ、9:30に出発。
9:45頃にホラに到着。ここから「Ο ναός της Επισκπής (エピスコピ教会)」へ。
※ガイドブックやサイトによっては「Μονι.(修道院)」と表記されることもありますが、
 オフィシャル・サイトの表記に従っておきます。
 実際は「霊廟→教会→修道院」と使われたそうです。現在は使われていません。

私の前を二人組が歩いて行きます。彼らもエピスコピに行くに違いありません。
二人を追えば、迷わなくて済みそう。(← ちゃっかり)
景色が良い道をスタスタ。整備されて歩きやすい道です。

20分程歩くと「Old Path To Episkopi」の標識がありました。
エピスコピへのOld Path
へえ、こんな道、知らなかったなあ。前を行く二人はこの道を通って行くようです。
ここでもちゃっかり、ついて行くことに。
二人を見失わないよう、かつ邪魔にならないよう、距離を保って歩き続けます。
行程のほとんどが一人が通る細い道幅で、ところどころトゲのある植物が生えていますが、
想像していたよりも歩きやすく、楽チンです。
シキノス_エピスコピへ (2)
右手にはいくつかの島が見えます。近いなあ。
シキノス_エピスコピへ (3)

10:50 エピスコピ(Επισκοπή )に到着。
エピスコピ (2)
先の二人が休憩しているので、私は丘を登り、そばにある別の教会へ。

Ag.ヨルギオス (1)
Αγ.Γεωργίου(聖ヨルギオス教会)。素朴な感じの小さな教会です。眺めもいいなあ。
Ag.ヨルギオス (2)

先の二人が移動するようなので、私も移動。
声が届くくらいの距離に近づいたら、先方から「Hello!」と声をかけられました。
「Beautiful walking!」と男性。「Yes! Nice walking.」と返します。
二人は、さらに先にあるΑγ.Μαρίνα(聖マリナ教会)を目指すようです。

エピスコピ、ロンプラだと「admission free」と書いてあったのですが、中には入れません。
隙間からのぞいてみると、物置というか、廃屋というか。
私だったら修復して修道院に戻すけどなあ。修行に専念出来そうな場所ですもん。
エピスコピ (1)
エピスコピ (3)

ところで、シキノス島のマーク、覚えていますか?これ →シキノス島のマーク
そう、このマークはエピスコピなんです。このタッチ、センスありますよね。

二人が向かった教会も気になるのですが(斜面を登る姿が見えます)、ちょっとハードそうなので、
ホラに戻ることにします。
帰りは、車も走れる舗装道を通りました。かかった時間はOld Pathとほぼ同じ。
エピスコピを振りかえる
↑ 振りかえると、遠くにエピスコピが見えます。

気分良く歩いていたら、後ろから来た車に声をかけられました。
何かな?と思ったら「部屋を変えないかい?」 あはは、ここで客引き?熱心だなあ。
あいにく明日には島を発つことを告げると、残念そう。
渡されたホテルのチラシは、「あげるよ」というので、持ち帰りました。

カストロが見えてきました。
エピスコピからホラへ戻る

12:40頃、ホラに戻りました。
昨日はあまり時間を取れなかった、ホリオの地区を周ります。
シキノス_ホリオ (2)
建物の多くは住宅のようです。小さな博物館がありましたが、オープン前でした。
シキノス_ホリオ シキノス_ホリオ (1) シキノス_ホリオ (3)

カストロに向かい、昨日とは違う通りを選んで歩きます。
やはり、こちらの方がお店は多い。宿もこちら側、海を見下ろす場所にあります。
シキノス_カストロ (2)
シキノス_カストロ ズバリな名前のカフェ兼バー。

カフェニオンでかわいい猫に遭遇(写真左)。しゃがんだ私の膝に乗ってきて大変まだ子猫かな?
カストロの猫さん (1) カストロの猫さん (2) カストロの猫さん (3)
そのカフェでジュースでも飲もうかな、と思ったのですが3.5ユーロにためらってパス。

この教会、円屋根のそばまで上がることが出来ます。
シキノス_カストロ (3)
上ってみると、こんな景色。猫さんが広場を横切っています。
シキノス_カストロ (1)
旅行代理店もあったのですが、閉店していました。いつなら開いているのかな?

14:30のバスでアロプロニアへ戻りました。
スーパーで塩とジュースを購入。部屋へ戻り、洗濯&シャワー。
背負っていたリュックの肩が白くなっています。何だろ?と思ったら、汗の塩分!
こちらもじゃぶじゃぶと洗いました。

遅い昼食を作ります。今日はタコの缶詰とトマト缶で冷製パスタ。(写真はないです)
あら~、美味しい~。オレンジジュースもグビグビ。

食後はバルコニーで旅ノートを書いたり、ちょっとウトウトしたり。
TVをつけたらW杯の中継をやっていました。日本VSカメルーンです。
旅ノートを書きながら見ていたら、ゴール・シーンを見逃してしまいましたが、1-0で日本の勝利。

20:00。散歩に出ました。
港の向かい側に行ってみます。途中のビーチの水も、やはり透明。
パラソルやベンチは無料みたい。砂と小石の混じったビーチで、波は穏やか。遠浅のようです。
(実はこの写真は、朝、バスに乗る前に撮ったもの)
シキノス_港のそばのビーチ
近くに子供の遊び場もありました。
シキノス_港のそばのビーチ (2)

港の向かい側、海沿いにはスタジオ・タイプの宿が並びます。
ホラで私に声をかけた「Maistrali」もこちら側。でも、1泊20ユーロのGaliniより高そうだよ・・・
夜景を撮りたいのに難しい。ちゃんとした三脚が無いので、どうしてもぶれちゃう。
シキノスの夜 (2)
シキノスの夜 (1)

宿への帰り道、切ない声で鳴いている猫さんに遭遇。
その前に小走りしていく別の猫さんを見たので、探しているのかな?
暗い道を車が走っているので、ちょっとヒヤヒヤ。

部屋に戻るとまだ22:00。小腹が空いたような気もしますが、今から準備していたら時間もかかる。
写真をチェックしたりしながら、ベッドでのんびりと、眠るまでの時間を過ごすことにします。
TVを消すと、何の音も聞こえません。はぁ~。本格的なシーズン前とはいえ、静かな島だなあ。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(アロプロニア⇔ホラ) 1.4×2
食費 スーパーで塩など 2.9
宿泊費 20.0(朝食無し)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

20 : 58 : 02 | 4.キクラデス諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<シキノス島三日目 | ホーム | イオス島からシキノス島へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/59-2f56f1e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |