アスティパレア島到着
2011 / 07 / 16 ( Sat )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

7/4 日
今日からしばらくはドデカニサ諸島を周ります。
Blue Star Naxosは3:30頃にアスティパレア島(Αστυπάλαια )に着きました。
私が過去に利用した、島の中心に近いペラ・イァロス(Πέρα Γιαλός ) の港ではなく、
4、5年前にアギオス・アンドレアス(Αγίος Ανδρέας )に出来た港です。
正直、何も無い不便な場所に、どうして新しい港を作る必要があったのか分かりかねます。
宿があるペラ・イァロスまでどうやって移動しようかと不安だったのですが、
小さなバスが待機していたので、行き先を確認して乗り込みます。3ユーロ。
バスはあっと言う間に満員になりました。
まだ開いているバスの扉から、客引きのおばさんが声をかけましたが断りました。

バスは走り出しましたが、辺りは真っ暗で、どこを走っているのかさっぱりわかりません。
過去2回の滞在で、おおよその島の地図は頭に入っているのですが。。。

遠くにライトアップされたcastleが見えました。ああ、アスティパレアに来たんだ・・・

島の中心ホラ(Χώρα)でほとんどの乗客が降り、リヴァディ(Λιβάδι)で一人降りると、
車内に残ったのは私だけ。
ドライバーが「Πού πας ; (どこへ行くんだい?)」と尋ねたので宿の名を告げると、
正面まで行ってくれました。(本来のルートではなかったのかも知れません)

ようやく着いた「ΑΝΤΖΕΛΑ Studios」ですが、当然、真っ暗です。
そーっと、道路から2階(ギリシャだと1階)への外階段を上り、テラスを横切ってさらに上へ。
3階のテラスには木の柵があって入れませんが、その上、最上階には上れました。
3、4階が宿泊用ですが、どうやら誰も宿泊していない様子。営業しているのかな?
そもそも、アンゼラ(私がお世話になったおばあちゃん)はいるのかしら?

2階のテラスに戻り、置かれたガーデンチェアを借りて夜明けを待ちます。時刻は4:00。
外での夜明かしはドヌサ島と一緒ですが、気持ちは全然違います。知っている島だからかな。

少しウトウトして、7:30。建物の中で人が動いている気配がします。
(2階はアンゼラの住居部分)
建物の横に周り、キッチンの入り口へ。
シンクの前に立つ、人の姿があります。黒服のアンゼラです!
「シグノーミ・・・シグノーミ・・・カリメラ・サス。アンゼラ?」
振り向いたアンゼラは、昔と同じアンゼラでした。ああ~、アンゼラ~!!
後は涙で言葉が出ません。元気でいてくれた、良かったよ~
アンゼラも驚いた様子ですが、前と同じく温かく迎えてくれました。

落ち着いたところで、コーヒーをもらいました。ああ、ほっとします。
アンゼラは、手作りパンにバターと蜂蜜をたっぷり塗ってくれました。
彼女自身はミルクのみ。「体にはこれが良いの」と言っています。(多分)
ちなみに彼女、英語をまったく話しません。

食べ終わったら最上階の部屋へ。
今回は向かって右側の部屋です。あいかわらず、掃除が行き届き、清潔感にあふれています。
アスティパレア_「アンゼラ・スタジオ」 (2)
アスティパレア_「アンゼラ・スタジオ」 (4)
アスティパレア_「アンゼラ・スタジオ」 (1)
鍋はここ、食器はここ、と説明してもらったら、後は二人でバルコニーで一休み。
広~いバルコニー。二部屋での共有ですが、宿泊者は私だけなので独占です。
アスティパレア_「アンゼラ・スタジオ」 (3)
アンゼラと「アスティパレアは本当にキレイだよねえ」と話します。

ここから眺める景色、大好き。左上に見えるのがcastle。
アスティパレア_ホラ (2)
アスティパレア_ホラ (1)

再会の喜びに浸っていたいところですが、半分徹夜の私、体もべダベタ。
「Κάνω ντους και θα κοιμήθω για λίγο(シャワーを浴びて、少し眠るつもり)」と断って、
部屋に入ります。アンゼラが「ギリシャ語、話せるじゃないの!」
2006年に一緒にこの宿に泊まった、友人S嬢に「アンゼラ、元気だよ!」とメール。
すぐに返信が来ました。『ヒェレテズマタ!よろしくって伝えて!』

バスタブに浸かり、洗濯もしたら、サッパリ爽快~
一段落したら11時。ベッドに横になり休みます。

15時頃、一度目を覚ましますが、そのまま眠り続け、再び目覚めたのは20時過ぎ。
カーテンの隙間から、アンゼラがモップでバルコニーを水拭きしているのが見えます。
キレイ好きなんだよね。
部屋を出て、アンゼラにS嬢からのメールを伝えます。彼女のこともちゃんと覚えているみたい。
掃除を続けるアンゼラの横を通るのも気が引けて、何となく部屋でグズグズ。
でも21時になったので、夕食を取りに外出することにしました。
ギリシャ語で「散歩してくるね」と言うと、「掃除したから、テラスを裸足で歩いてもOKよ!」

湾に沿って旧港(カリムノス島行きはここから出ます)まで歩きます。
ペラ・イァロス」が正式な名ですが「スカラ」とも呼ばれる地域です。
お店も増えたし、7月ということもあり、ずい分賑やか。

夕食は、海岸通りから奥にちょっと入った所にある「ΜΑΪΣΤΡΑΛΙ(マイストラリ)」へ。
意味は英語で「breeze」です。宿(スタジオ)も経営してますね。
これは昼間に撮った看板の写真。
アスティパレア_「マイストラリ」

テーブルは1/3くらい埋まっています。テーブルクロス、地図入りだ
ウェイターのお兄ちゃん、すごく若い。家の手伝いなのかな?
ちょっと、ジェイク・ギレンホールに似ています。私の大好きな俳優さん
オーダーは以下の通り。合計17.0ユーロ。支払は1ユーロをプラスしました。

ズッキーニのボイル 3.5
ムール貝(ギリシャ語でミディμύδι)のサガナキ 12.0
水(500ml) 0.5
プソミ 1.0

店内を小さい猫が走り回っていてカワイイ~
テーブルにまで上ってきてしまうので、嫌がるお客さんもいますが、私は全く構いませんよ。
お店の人も、テーブルからはその都度、下ろすけど、追い払ったりはしません。
私のテーブルにもやって来ました。助走をつけて、椅子にぴょん。
椅子の上に置かれたバッグによじ登り、テーブルに前足だけ届いています。カワイイ~
その足をつついて遊んでいたら、お店のお姉さんが「どうかしましたか?」
「No」と言ったのですが、ちび猫さんはお姉さんにひょいとつかまれ、下ろされてしまいました
アスティパレア_スカラの猫さん この猫さんはオトナ。

食事は期待通り。あっさりしたズッキーニとこってりのサガナキ。
今日は組み合わせが良かったな。大正解。
アスティパレア_「マイトラリ」にて (9)
アスティパレア_「マイトラリ」にて (8)

他にもメニューが豊富なので、もう一度、昼に来ようかな。
(夜は照明が暗く、あまりいい写真が撮れなかったので)
会計をお願いしたら、スイカをサービスしてくれました。美味しい!
アスティパレア_「マイトラリ」にて (7)

22:45 テーブルクロスをもらって店を出ます。来た時より人が減った通りをのんびり歩いて、宿へ。

アンゼラの部屋の明りがついています。気を使わせないよう、遠回りをして裏側の入り口へ。
と、先ほどのタベルナ、マイストラリのお兄ちゃんらしき若者が、バイクで横を通り過ぎました。
バイクを停めると、私の宿の裏手にある建物に入っていきます。
地元の若者のたまり場なのかな?楽しそうな歓声が聞こえてきます。

部屋でのんびり。大好きなアスティパレア島で、大好きなアンゼラの宿に滞在。
何日過ごそうかな?嬉しくてたまりません。

€€ 会計メモ €€
交通費 バス(アスティパレアの港→ペラ・イァロス) 3.0
食費 タベルナで夕食 18.0
宿泊費 35.0(朝食無し) ※チェックアウト時まで、1泊いくらなのか分からず(聞けず)ドキドキでした。

おまけ: アスティパレアを知るために
オフィシャルサイト  http://www.astypalaia.gr/
私が最初に知ったサイト。宿紹介が充実  http://www.astypalaia.com/
このサイトもいいかも  http://www.astypalea.net/
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 06 : 01 | 8.ドデカニサ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<アスティパレア島二日目 | ホーム | ドヌサ島二日目>>
コメント
★いつも

罪作りな写真だね~。
お腹すいてきた。
ミディ・サガナキまだ食べたことないんだよ~。
今度作ってみようかな。
でも子供たちが食べないからちょっと躊躇しちゃうんだよな。

風車もカストロも素敵だし絵になる島だね。
老後の島のリストに(以下省略w

by: Tomoko * 2011/07/16 03:33 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: いつも

そういえば、夕食抜きだったか、控えめにしていたんだっけ?まだ継続?
お子たちはミディ、好きじゃないのか。
私は好きだぞ。日本じゃあまり食べないけど。
イカリアで食べたのは大葉みたいなのがアクセントだったけど、
ここのはチーズたっぷりで濃厚。ワインにぴったりだな、きっと。

アスティパレア、いいよ。
2003と2006に行った時の方が、イイ写真が多いんだけどね。

by: フムフム * 2011/07/16 11:38 * URL [ 編集] | page top↑


ミディ・サガナキのレシピ探してみたけど
正直、どれも写真が・・・だった。
フムフムさんの写真のが一番美味しそう!
でもだいたい何を使うかわかったんで
フムフムさんの写真に近づくようにがんばってみよう。

by: Tomoko * 2011/07/16 17:43 * URL [ 編集] | page top↑
★>Tomoちゃん

ええ~、いいなあ。ミディ・サガナキ、食べ~たいv-271
ウチの近所じゃムール貝ってそうそう売ってないもん。
足を延ばせばあるのかもしれないけど、それでもきっと安くはない。

自分では意識しなかったけど、風景よりも建物よりも、食べ物の写真に力が入っているのかも。
食べちゃうと残らないからねー。

by: フムフム * 2011/07/16 19:04 * URL [ 編集] | page top↑
★ミディ

冷凍の剥き身しか売ってないんだよなぁ。
殻はどっちかというとどうでもいいんだけど
新鮮なムール貝で作ってみたい。
あの誰でしたっけ、火山の島にすんでいるお嬢さん。(いま忙しい合間にすきっ腹にビール2本で栄養補給したら酔っ払ってまするw)
写真も上手で毎回よだれが出るんですよね。
私なんて遠出しないんでやっぱり一眼レフが欲しくなったわけですよ。
IOS滞在中に食べたいメヌーがあったら今から言っといてくださいよ。

by: Tomoko * 2011/07/16 21:56 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: ミディ

>Tomoちゃん

「エーゲ海のひとりごと。」by yetiherderさんね。
自分で作ってるってのがすごいよねえ。今回の酢味噌あえなんてたまらん。

一眼レフ買ったら、食事だけじゃなく、イオスのキレイな景色も撮り放題じゃん。
ギリシャって絵になるからねえ。

> IOS滞在中に食べたいメヌーがあったら今から言っといてくださいよ。
早いですって。まだ一ヶ月以上あるw 
でも、バタバタしてあっと言う間なんだろうなあ。焦るよe-330

by: フムフム * 2011/07/16 23:27 * URL [ 編集] | page top↑
★訂正

ミディのサガナキ食べたことあった!
1999年の秋。
ピレウスのキクラデス行きフェリー乗り場の
大きな通りからちょっと入ったアルファバンクの隣のレストラン。

1ヶ月以上っていうけどフムフムさん、
私の中では再来週ぐらいの感覚です。
ハイシーズンは忙しくってあっという間に日にちがたつんだもん。

by: Tomoko * 2011/07/17 22:42 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 訂正

アルファ・バンクの隣というと、前におススメしてくれたお店だね。

忙しいとあっという間かあ。そうだよね。
それなのに、ダラダラの私も何だかあっと言う間に一日が終わる。
昼寝ばっかりするからだw

by: フムフム * 2011/07/17 23:43 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/80-601522e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |