二シロス島到着
2011 / 07 / 23 ( Sat )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

7/8 木
睡魔が襲う中、遅れてやって来たBlue Star ΔΙΑΓΟΡΑΣ
私がアスティパレアに来た時よりも、多くの人が降りてきました。

5:30頃に出航。
Blue Starの船だと、私は丸い一人用ソファに座っていることが多いのですが、
今回はBarラウンジみたいな大きなソファが置かれたスペースで仮眠。
床で爆睡している人がかなりいます。ギリシャの船旅は体力勝負

8:30 カリムノス島へ。2006年に訪れた島です。懐かしいな。
親切にしてくれたカフェのニコス、今はどのカフェにいるんだろう?

10:00 コス島。ニシロスの後に寄るつもりの島。さすがに街が大きい!

11:10 ニシロス島(Νίσυρος )に到着しました。 → 公式サイト
観光用のインフォメーション・サイトも充実。→ http://www.nisyrosinfo.com/

ニシロス到着
ニシロスの中心はマンドラキ(Μανδράκι)という街。街の中心は港から少し入ったところですが、
次の移動を考えて、港のそばで宿を取ることにしました。
いくつか並んでいる中で、「Three Brothers Hotel(三兄弟ホテル)」に行ってみることに。
階段にいるのがオーナー(と思われる)。
ニシロス「3兄弟ホテル」 (2)
レセプションにいたオーナーらしき男性スタッフと、英語とギリシャ語がMixされた会話をします。
「何日、泊まるの?」「船次第なんです。コス島に行くつもりなので」
予約帳みたいなものを広げ、考えるオーナー。けっこう予約が入っているみたい。
とりあえず、30ユーロの部屋を見せてもらいました。
ダブルベッドに冷蔵庫、TVあり。バスルームも問題ありません。
窓の外は山でした。顔を出したら隣室の青年(カップルです)が「Hello」
この部屋は3泊するなら28ユーロになるとのこと。
私が「船のスケジュールって、どこでわかりますか」と言いかけたら、
オーナーは廊下を挟んだ反対側の部屋を開けて、「こっちも30でいいけど、3泊しても30のまま」
作り自体は先に見た部屋と同じだと思うけど、こちらは海に面しています。
ニシロス「3兄弟ホテル」 (3)
ニシロス「3兄弟ホテル」 (1)
「夕方はきれいだよ」とオーナー。 確かにキレイだろうなあ。こちらに決定。
「船のスケジュールを見て、何日泊まるか決めたら教えて」
で、私が「船の代理店はどこに・・・」と聞きかけたら、さっさといなくなってしまいました。

荷物を運び入れて写真を撮っていたら、再びオーナー登場。
宿泊台帳に書くために名前を聞かれました。「(鍵は)μαζί σου(=with you)」
あ、そこはギリシャ語なんですか?

シャワー&洗濯。13時過ぎに近くにあったインフォメーションへ向かいました。
ニシロスのインフォメーション
「May I help you?」と、感じの良い女性スタッフ。
船やバスのスケジュールが張り出されていたのでチェック。土曜日もコスに渡れそう。
コス島からのday-tripの船が着き、多くの観光客がやって来ました。
インフォメーションにも長蛇の列。バスのチケットでも買うのかしら?

港から、マンドラキの中心へ。海沿いにカフェやタベルナ、お土産屋さんが並びます。
ここにもday-tripの観光客がたくさん歩いています。
先へ進むと分かれ道。左へ行くと円を描くようなカーブになりました。
そのまま歩いていたら、のんびりしたタベルナ「パノラマ(Πανόραμα)」がありました。
ニシロス「パノラマ」 (4)
外席が気持ちよさそう。ここでお昼にします。
壁にかかったメニューを見ながらオーダー。価格内訳はカンです 笑 合計10.0。

ニシリアン・ソーセージ 6.0
ザジキ 3.0
水(500ml) 0.5
プソミ 0.5

ビールが欲しかったのですが、大ビンしか無いとのことで断念。
この時は気にしなかったのですが、「ナスとチーズのスイート・ソース」ってどんな味なのかしら?
ニシロス「パノラマ」 (1)

ザジキは辛味を抑えて、ややゆるい感じでした。
ソーセージ、すごいハーブの香り!
ニシロス「パノラマ」 (3)
ニシロス「パノラマ」 (2)
実は私、ハーブの類はそんなに得意じゃないのですが、これは平気かも。
芯まで味が「じゅう~」っと、しっかり染みています。やっぱりビールが欲しかった
付け合わせのポテトはちょっとカリカリすぎかな?
お店の建物と外席との間は、普通に人が行き交う通りなので、
お店のおばさんは、通る人のほとんどすべてに挨拶をしています。
地図入りのテーブルクロスをもらいました。(新品じゃなくて自分が使ったもの)

お腹が一杯になったので、散策を続けます。
地図がないので(※インフォメーションで尋ねるのを忘れました)、カンで歩き回ります。
ニシロス_マンドラキにて
ニシロス_マンドラキにて (2)
通りにはたくさんのモザイク。
ニシロス_マンドラキのモザイク (1)
一般のお家だと思うのですが、玄関先にもありました。
ニシロス_マンドラキのモザイク (2) ニシロス_マンドラキのモザイク (3)

15:15頃、「To the Castle(カストロ)」の標識を見つけたので行ってみることにしました。
足元がサンダルなのでちょっと歩きにくいのですが、そんなに険しい道ではありません。
でも、とにかく暑い!セミの合唱がすごい!島でこんなにセミの声を聞いたのは初めてかも。
ニシロスの標識
山道から舗装した道に出て、そのまま進むと、わりとあっさり着きました。
ニシロス_カストロ(アクロポロス )(3)
ニシロス_カストロ(アクロポリス)
案内(「アクロポリス」と記されています)では「15:00 closed」となっていますが、
どこが閉まっているわけでもなく、誰かに止められるわけでもなく。
何となく敷地内には入れてしまったので、そのままぐるりと一周。
ニシロス_カストロ(アクロポロス )(2)
高い所なので眺めは抜群。おお~、(この時は名前を知らなかった)ヤリ島(Γυαλί )も見えます。
ニシロス_カストロからの眺め・ヤリ島
石垣?が妙にキレイなのはrestoreしたばかりってことなのかな?
黒い石は珍しいと思います。

カストロから降りて散策を続けます。静かです。猫さんもお昼寝。
ニシロス_マンドラキにて (3)
ニシロス_マンドラキの猫さん (2) ニシロス_マンドラキの猫さん (3) ニシロス_マンドラキの猫さん (1)

涼しげな広場がありました。ここも人は少なめです。
ニシロス_マンドラキにて (1)

17時近くまでぷらぷらして、港に戻って来ました。
ニシロス_港のEU圏の国旗

「三兄弟ホテル」の周りには、いつもたくさんの猫さんがいます。
飼い猫ではないけれど、誰かが世話をしているみたい。手のひらに乗りそうなおちびさんもいます。
「プスプス」と声をかけたら、一気に集まって来てしまいました。
ああ~、あげるもの、何も無いのに。気安く呼んだりしてゴメンネ
ニシロス_ホテルに居候の猫さんたち (5)
ニシロス_ホテルに居候の猫さんたち (2) ニシロス_ホテルに居候の猫さんたち (1) ニシロス_ホテルに居候の猫さんたち (3)

波の音が心地よい部屋で休憩します。

21時過ぎに目が覚めました。オーナーに宿泊日数を伝えなくちゃ!
レセプションには誰もいません。ムム、どこに行けば会えるのかな?
外に出たら、ちょうどオーナーが戻って来ました。
土曜のコス島行きの船に乗るので、ここには2泊することを告げました。

そのまま旅行代理店「ENETIKON TRAVEL」へ行き、Volcano Tourを申し込みました。
ニシロス島と言ったら火山の島ですもの。明日の10:30発。7ユーロです。
土曜のコス島行きの船についても尋ねたら、メモまで書いて詳しく教えてくれました。
しかも、他の代理店で扱っている船と、その代理店の場所までも。

その代理店「KENTRIS TRAVEL」にも行ってみましたがすでに閉店。
ニシロスの夜は早いのかな?閉店したお店も多いようです。

部屋に戻って髪を洗い、乾くまで旅のノートを書きます。
(ドライヤーはありませんでした。貸出については不明です)

※この日のノートに「ニシロスに日本人がいるらしいけど、どこに住んでいるのかしら?
ちょっとお会いしたかったかも」と書いていました。
その方は、後にブログを通して知ったyetiherderさんでした。
行く前にちゃんと調べておけば良かった~ 残念です。
※2011年の旅でお会いできました!この記事で → 2011年9月二シロス島経由ハルキ島へ

€€ 会計メモ €€
食費 タベルナで昼食 10.0
宿泊費 30.0(朝食付きかは不明。私は食べませんでした) 
その他 Volcano Tour 7.0(7/9に参加分)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

03 : 10 : 39 | 8.ドデカニサ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<二シロス島二日目 | ホーム | アスティパレア島四日目>>
コメント
★知らぬ間に!

あれ~数日バタバタしてたらニシロスに着いちゃってたんですね!きゃ~なんか妙にウキウキしてます!

次の記事にリンク貼らしていただきます。ニシロスの宣伝、宣伝 笑

3兄弟の階段にいるのはオーナーの弟ですね。ちょっとハゲでにやにやしてるアントニスとめっちゃスタイルのいいドイツ人の奥さんがオーナーです。

いまさら何ですが、マンドラキの地図というものは存在しません 爆 そうだよね、ないとこの町は迷うよね。観光で食べているくせにそういうとこ本当に疎いんです、この島の住民 ^^;

by: yetiherder * 2011/07/25 03:22 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 知らぬ間に!

>yetiherderさん
ハイ、ピッチを上げて更新しています。リンクを伝って来て下さった方、すでにいらっしゃいますよ~

「三兄弟」だから三人いるのかw 私の応対をしたのはこのTシャツの人だけでした。
>ちょっとハゲでにやにやしてるアントニス
これは判断に迷うところ・・・あ、ニヤニヤはしてなかったな
ドイツ人奥さまは宿を発つ日に会った女性ですね。へ~。
さすが、地元の方の情報!

街歩き、迷うのもまた楽し!ですけどね。
ちょこちょこ標識や看板はあるのに、どうも私の視界から外れてしまうようです^^;

by: フムフム * 2011/07/25 12:03 * URL [ 編集] | page top↑
★えぇ~。

てっきりyetiherderさんに会いに行ったのだとばかり。
モザイクすごい。
私も今年の冬は挑戦する!

by: Tomoko * 2011/07/28 16:39 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: えぇ~。

>Tomoちゃん
行くちょっと前くらいに、よそのブログでお名前を拝見して、
「二シロス在住かあ」と思ったんだよね。
でも、二シロス島に行くと決めないまま、旅を始めたので。

そうか、ホテル経営やyetiherderさんのようにタベルナをやっていると、
シーズン中は、同じギリシャでも遊びに行ったりできないもんね。
モザイクも良いけど、本当に猫が多かった!

by: フムフム * 2011/07/28 23:12 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/84-4aac1285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |