スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
二シロス島からコス島へ
2011 / 07 / 25 ( Mon )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

7/10 土
6:00 起床。朝日を見ることが出来ました。
ニシロスの夜明け
シャワー&洗濯(←二時間で乾きました!)、ゆるゆるとパッキング。

昼食用に何か欲しいので、10時過ぎに外出。
港から街の中心に向かう道。まだ人が少ないですね。
ニシロス_マンドラキ (2)
ニシロス_マンドラキ (1)
ギロ屋さんはまだ開いていないので、結局、昨日とは違うパン屋さんでピザを購入。2ユーロ。

11:00に宿に戻るとオーナーに会いました。
「今日、発つんだよね?今すぐ?」「30分後に、チェックアウトをしに下りて来ます」
部屋でピザをパクパク。

11:30に階下に下りると、オーナーは電話中。電卓を叩き「60」を見せるので、支払いました。
荷物を持って外に出ようとすると、オーナーが「待て」という仕草をします。
何故?と思いつつ待っていると、オーナーの身内らしき老婦人が話しかけてきました。
「ギリシャ語を話すの?」から始まり、拙いながらも、少しだけおしゃべり。
と、電話が終わったオーナー、「You need something?」
え?あなたが「待て」と合図したんじゃないの?
荷物をテラスに運び出すと、老婦人が「船は何時?」と聞くのでチケットを見せると、
「30分あるから、そこにお座りなさいな」
ホテルの居候のちび猫さんがちょろちょろしています。かわいいなあ。
「この子は右目に問題があってね」と老婦人。

しばらくして老婦人は去り、一人で猫と遊びました。
今度は少年がやって来ました。かわいい顔立ちだな。猫を追い回します。

船の姿が見えました。オーナーに挨拶しようとホテルの中をのぞきますが、姿がありません。
先ほどの少年が、私に向けて水鉄砲を飛ばします。こらこら
知らない女性が来て「何か探しているの?」
「船が来たので、オーナーにお別れをと思って」
「彼は上に行っているわ。戻って来るけど、船は速いし、待ってくれないわよ」
「船ってドデカニソス・エクスプレスのことですよね。じゃ、行きます!」

小走りで船着き場まで。乗客は少なく、女性が言ったとおり、すぐに出発しました。
鹿(※ロードス島のシンボル)のマークがかわいい、ドデカニソス・エクスプレス
ニシロスからコスへ

1時間程で、船はあっさりとコス島(Κως )に到着。ここでも乗り込む人は少なめです。シーズンなのに。
とりあえず、インフォメーションを目指します。
途中、客引きらしき人から声をかけられますが、今回は良いホテルを選びたいので無視。
港からインフォメーションまでは少し歩きます。なので、急いだつもりが、インフォメーションは・・・
閉まっていた。 (※土曜は14時まで) 地図が欲しかったのにな~。
「通りを渡ったKIOSKでもインフォメーションは入手可能」って貼り紙はあるけど、
どうみてもバスの案内所だよね、あれ。

あきらめてホテルを目指します。
海沿いを歩き、たどり着いたのは「KOS AKTIS ART HOTEL
HPでわかるように、お洒落なホテルです。
ロンプラの「波の音を聞きながら眠りに落ちる」というフレーズに心を動かされました 笑
旅も残り少なくなり、予想以上にお金を使っていないことに気付き、たまにはいいかな、と。
まあ、あちこちで「移動には邪魔」と、買い物を控えてしまったからなのですが。

玄関先で「ようこそ~」みたいに、スーツケースを運ばれてしまいました。
あの~、まだ泊まれると決まったわけではないのですが。
レセプションで3泊出来るか尋ねると、2泊なら可能とのこと。
う~ん・・・でも、とりあえず泊まりたい。1泊120ユーロ・朝食付き。

部屋を見せてもらいました。日本で言う2階です。正面は海ですよ!
実はこのホテル、全室がSea Viewです。
シックかつ爽やかな色使いの内装も好み。120ユーロも惜しくないです。
コス_Kos Aktis  Hotel (2)
コス_Kos Aktis Hotel (1)
レセプションに戻ってチェックイン。3泊目は、キャンセルが出たら知らせてくれるそう。

部屋でひとしきり喜びに浸り、15:30 外出。
海沿いを行き、城壁の横を周ったところで「Hippocrates Tree、Castle」の表示があったので、
矢印の差す方向へ行ってみることにしました。

その下で、ヒポクラテスが教えを説いたとされるプラタナスの木(Ο Πλάτανος Ιπποκράτη )。
大きすぎて、写真に収まりません
ヒポクラテスのプラタナスの木
フェンスで囲まれているので木の幹には近寄れませんが、猫さんは囲いの中でくつろいでいました。
いいなあ。
ヒポクラテスの木の下で

石橋を渡って騎士団の城へ。
騎士団の城の入り口へ
石橋の上から海側を見ると、こんな景色。何だかトロピカルです。
コス_コス・タウン (2)

Castle、騎士団の城(Κάστρο της Νεραντζιάς )の入場料は3ユーロ。
思ったより、広い、広い!くまなく見ようと回っていたら、1時間半を費やしました。
コス_騎士団の城(3)
コス_騎士団の城 (4)
コス_騎士団の城 (2)
コス_騎士団の城 (5)

誰のための椅子なのか?
コス_騎士団の城 (1)

ジグザグの影が楽しい。
コス_騎士団の城 (6)

かわいい猫さんにも会えました。
騎士団の城にいた猫さん (2) 目覚めて・・・ 騎士団の城にいた猫さん (1) ごろごろ

ヒポクラテスの木まで戻ったあと、適当に歩いていたら古代アゴラ(Αρχαία Αγορά)に着きました。
入場無料。ここも広い~。
コス_古代アゴラ (1)
コス_古代アゴラ (2)

近くにはガジ・ハサン・モスクが見えます。
コス_ガジ・ハサン・モスク

ここには野良猫さんがたくさんいました。おじさんが世話をしているようです。
おじさんと知り合いの、別のボランティアさんも猫にエサをあげに来ていました。
観光客の膝に乗るくらい人慣れしている子もいれば、猛ダッシュで逃げちゃう子も。
写真を撮らせてもらったので、1ユーロを寄付しました。
コス_古代アゴラの猫さん (2) コス_古代アゴラの猫さん (3) コス_古代アゴラの猫さん (1)
ヒポクラテスの木のそばにも、動物保護団体のパネルがあったので、そこでも0.2ユーロを寄付。

騎士団の城と古代アゴラの間を西に行くと、カフェが並ぶ広場です。
インフォメーションもこの通り沿い。いつも賑やかです。
コス_コス・タウン

夕食を取りに、「エリア(Ελιά=olive)」という店に。
地図がないのでわからなかったのですが、どうもこのあたりが旧市街・Old Townのようです。
早く着いてしまったので、辺りを散策。
コス_オールド・タウン

大きな教会がありました。聖パラスケヴィ教会です。(Ναός της Αγίας Παρασκευής )
人が集まっています。花嫁さんは見当たりませんが、どうやら結婚式が行われるみたい。
コス_聖パラスケヴィ教会 (2)
興味津々なので、他の観光客同様、近くで待ってみることにしました。
やがて伝統音楽を奏でるバンドに先導され、花嫁さんの登場。
わ~、美人ですよ。ゴージャスなブロンド美女。先を行き、花をまく役目の子供達もかわいいなあ。
コス_結婚式に遭遇 (2) コス_結婚式に遭遇 (3)
コス_結婚式に遭遇 (1)
拍手を浴びて、教会の中へ。参列者も続々と教会に入って行きます。
奥には司祭さんらしき人の姿。中から、みんなの歌声が聞こえてきました。
コス_聖パラスケヴィ教会 (1)
私を含め観光客が写真を撮りましたが、カメラに気付いても関係者は何も言いませんでした。
なのでUpしちゃったのですが、いいですかね?おめでたいことだし、ねえ。
参列者の中に老婦人がいたのですが、背の高い髭の青年を「ニコラキ」と呼んでいたのが、
面白かったな。ニコラキ、階段を上がってくるご婦人方に手を貸して、いい人でした。

20時を回ったので、「エリア」へ。
コス_「エリア」 (1)
看板に「Εδεσματοπολείο(エデズマトポリオ)」とあります。
「έδεσμα」が「料理、食料」という意味なので、「食事処」とでも訳すのかな?初めて聞く単語です。
「こっちがいいですよ」と、店の中を通り抜けた、中庭の席に案内されました。居心地良さそう。
メニューが多くて悩みます。何故かピリオンのスペツォファイもあります。
オーダーは以下の通り、合計で13.5ユーロ。支払は1ユーロをプラス。

レバーのフライ 5.5
ガーデン・サラダ(自家菜園からの、ということらしいです) 4.8
水(1ℓ) 2.2
プソミ 1.0

値段から、絶対、すごい量だと思ったサラダ。でもハーフ・サイズに出来ないと言われました。
水も小さいボトルはありません。

プソミ(パン)と一緒に、ブラック・オリーブと、オリーブのパテがサーブされました。
店の名前がエリア=オリーブですもんね。
サラダ・・・やっぱり巨大でした。スタッフが「このくらい」と手で示したサイズより、一回り以上大きい!
表面にチーズがびっしり並んでいて、下に何があるのかさっぱりわからない 笑
チーズを脇によけて、やっと野菜が顔を出しました。カリフラワーと人参はです。
コス_「エリア」 (2)
レバーは思ったよりもレアでした。もうちょっと、辛味とかあってもいいかな?
コス_「エリア」 (3)

足元に、すごくカワイイ顔なのに、すごくやんちゃな子猫がやって来ました。
私の足にしがみついて「何かちょーだい!」 子猫にレバーって・・・ダメじゃないのかなあ?
子猫はあきらめて、近くのグループのテーブルへ。そこのお兄さんもかなり困っていました。

お店はどんどん混んでいきます。人気店みたいです。
会計をお願いしたいのに、なかなかスタッフがつかまらず、結局、呼びに行きました。

帰り道、適当に歩いていたら迷ってしまい、引き返し。
案内板を見て、場所を確認してから港の方向に戻ります。

市場がありました。(Δημοτική Αγορά)。広くはありませんが、加工品を中心に充実しています。
コス_アゴラ (2)
コス_アゴラ (3)
コス_アゴラ (1) 見ていたら食べたくなる・・・

部屋に戻って、TVでW杯を観戦。3位決定戦のドイツVSウルグアイ。結果はドイツの勝利。
のんびりお風呂の後は旅ノートを書き、3時前に就寝。

€€ 会計メモ €€
食費 パン屋さんでピザ 2.0 
    エデスマトポリオで夕食 14.5
宿泊費 120.0 
その他 騎士団の城 入場料 3.0
      動物保護への寄付 1.2

おまけ: 記事内でもリンクしていますが、コス島は観光情報のサイトを独立させています。
http://www.kosinfo.gr/
そして、またまたパノラマを見ることが出来ます。すごいぞ、ドデカニソス・シーウェイズ!
 → DODEKANISOS SEAWAYS
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

00 : 00 : 43 | 8.ドデカニサ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑
<<コス島二日目 | ホーム | 二シロス島二日目>>
コメント


エリア、お店の雰囲気いいですよね。たまにひっどい料理がでてくるので無難な料理しか頼めないのが玉に傷 汗

それにしても8度目のギリシャ、ってもうすぐなんですね!ギリシャ、いい所もいっぱいあるものね。いいなあ。私は5カ所くらいしか行った事ないんで。島は不便だあ~!

by: yetiherder * 2011/07/25 03:31 * URL [ 編集] | page top↑


コス島大好きですよ。好きなものがギュッと詰まっていて、
もちろんニャンコにもやさしい、寄付を集めているんだよね!!
コス島ではじめてホテルの飛び込みしたんですよ。(もう無理です!!どきどきだったから)
フムフムさんのホテルがよいw
φ(..)メモメモしときます

by: ホソ * 2011/07/25 08:05 * URL [ 編集] | page top↑
★>yetiherderさん

お、「エリア」行ってるんですね。奥まったスペースの席、イイですよね。
ひっどい料理、幸いにしてぶちあたりませんでしたが、
メニューが豊富だったので、定番をハズしたオーダーにしてみました。
危なかったのか?笑

次のギリシャまで一ヶ月を切ってしまったのに、準備が進まなくて焦りまくりです。
多分、ドデカニサに行きますよ。未訪の島が残っているので。

by: フムフム * 2011/07/25 12:10 * URL [ 編集] | page top↑
★>ホソさん

コス島、いいよね。色々あるのに押しつけがましくない感じがイイ。
古代アゴラの猫さん、遺跡にいるからか土埃にまみれているコが・・・
洗ってあげたかったわ~。
Kos Aktis、記事を書くためにHPを見たら、9月以降は100ユーロだった。
予約サイトだともっと安いのかな?これはいいと思うわ。
ミニマム・スタイルがお洒落なのに、スタッフは気さくだし。(もちろん丁寧)
次に書くけど、朝食もすっごく充実してるし、おススメ。
私の部屋はスタッフ・ルームのそばで、人の出入りする音が廊下から聞えてきたから、
端の部屋ならなおよろしいかと。

by: フムフム * 2011/07/25 12:24 * URL [ 編集] | page top↑
★管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

by: * 2013/08/28 00:15 * [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/86-6a461633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。