スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
コス島三日目
2011 / 07 / 27 ( Wed )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

7/12 月
7:20 起床。9:10 朝食を取りにホテル内のレストランへ。
昨日より少しだけ量を抑えて、デザートにライス・プディング(ριζόγαλο リゾガロ)を取りました。
テーブルに着くと、スタッフのお姉さんがすかさずやって来て、
「(プディングには)通常はシナモン・パウダーをかけるの。かけるとNiceですよ」と、
すでにシナモン片手にスタンバイ 笑
もちろん、かけてもらいました。
コス_ホテルのライス・プディング

10:40 外出。銀行でお札を崩してもらったら、インフォメーションへ。
建物は大きいけど、インフォメーションはその一部。狭いです。
コス_インフォメーション
地図とパンフレットを入手。数ヵ国語のパンフがありますが、さすがに日本語はありません。

資料を置きにいったん部屋に戻ってから、海沿いを東南の方向に行ってみることにしました。
↓ 海側からホテルを見た所。左端、窓が青く見える建物がホテル。
海側からみたホテル

コス・タウンはレンタ・サイクルでのサイクリングが有名。
写真で、薄い赤色がついている部分が自転車用レーンです。
コス_コス・タウン
道の段差はほとんどなく、きれいに整備されているので、歩行者にも歩きやすくなっています。

少し行くとマリーナがありました。
コス_マリーナにて (2)
すごい船の数だなあ!私も一隻、欲しい・・・
コス_マリーナにて (5)
コス_マリーナにて (1)
船体に描かれたマークも、思い思いで楽しいですね。
コス_船体のマーク (2) コス_船体のマーク (3) コス_船体のマーク (1)
港にはつきものの「ようこそコスへ」の文字。
「ようこそコスへ」

見慣れない車がありました。
コス_マリーナにて (3)
何だろうと思い近くで見ると。
ああ、船を運ぶための車ですね。この上に船を載せ、水辺に来たら滑らせる。へええ。
コス_マリーナにて (4)
マリーナからは、海の向こうに騎士団の城も見えます。
コス_騎士団の城

先を進むと「○○ビーチ」という看板が出始めました。これ、地名じゃないよね。
サンベッドとビーチパラソルのセットで5ユーロが、このあたりの相場でした。
コス_タウン近くのビーチ
コス_タウンから近いビーチ

ビーチが続くだけの散歩に少々飽きてきたのと、小腹が空いて来たので引き返します。
14時前に「Goody’s」へ。カウンターにはスタッフが一人しかいないので、かなり待ちました。
コス_「Goodys」 (2)
持ち帰りで買ったのはピタピタ・ポーク、オニオンリング、フレンチフライ。合計8.5ユーロ。
部屋に戻ってパクパク食べますが、軽食のつもりがけっこうヘヴィー
コス_「Goodys」 (1)
コス_「Goodys」 (3)

食後は旅のノートを書いたり、入手した資料を眺めたり。
と、資料に「プサリディ(Ψαλίδι)はWetlandがあって、鳥が集まる」という記述を発見。
プサリディは午前中に私が散歩した方向の、さらに先にあります。
夕方からは別の方向へ行くつもりでしたが、気になるので予定変更。

17:45 外出。プサリディの手前のビーチ、日除け・風除けが面白い形です。
遠目に見たら、ダンゴムシっぽい。
コス_プサリディのビーチ (2)
コス_プサリディのビーチ (1)

1時間かけてプサリディに到着しました。
コス_プサリディ (2)
が・・・インフォメーション・センターはClosed。時刻を考えたら仕方がないか
「Wet」な場所を探して周囲をグルグル回ってみますが???
多分、囲いの中なんだろうなあ。来る時間を間違ってしまった・・・
草は相当茂っていて、巣箱らしいものが設置された木も見えたので、
鳥が来ることだけは確かみたいです。
写真の建物がインフォメーション・センターですが、門がある囲いの中です。
コス_プサリディ (1)
悔しいのでググったら、こんなページがありました。 → Psalidi Wetlands
・・・って、行けなかったからますます悔しいだけか。

海岸の先端にはこんなものが。ステップに国旗のペイント。国旗大好きギリシャ人。
コス_プサリディの先端で

あきらめて帰路へ。
地図で見つけた大きなスーパーに寄って、果物などを購入。3.26ユーロ。
夕焼けがきれいです。
コスの夕暮れ

明日の船のチケットを買いに代理店へ。夜行フェリーですが有無を言わさずのエコノミー。
20:05発ピレウス行き、Blue Star 1。47ユーロ。

代理店やインフォメーションが並ぶ通りの、道をはさんだ所には、街の中を走るミニ・トレインの
乗り場があります。(アスクリピイオ行きの乗り場は別の場所)
見ると、昨日のイケメン乗員が!アスクリピイオ行きは、確か月曜休みなので、
こっちにまわっているのかな?それともシフト制?
夜なのでサングラスはかけていませんが、やっぱりかっこ良いかも

部屋に戻って、お風呂&洗濯。その後は、果物を食べながら旅のノート書き。
歩き回って疲れているはずが、なかなか寝付けず。

€€ 会計メモ €€
交通費 船(コス→ピレウス 7/13の乗船分) 47.0
食費 Goody’sで持ち帰り 8.5
    スーパーでバナナなど5点 3.26
宿泊費 120.0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

21 : 00 : 00 | 8.ドデカニサ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<コス島四日目 | ホーム | コス島二日目>>
コメント


こうやって見るとコス島も意外に見所あるのかも...全然知らなくて恥ずかしいですわ~ *^^*

それにしてもフムフムさんのイケメン探知機、性能いいですね 笑

by: yetiherder * 2011/08/02 06:24 * URL [ 編集] | page top↑
★>yetiherderさん

コス島は盛り沢山な島ですよね。
今回はタウン中心に過ごしましたが、北側にはきれいなビーチがあるし、
内側(山)に入った村?もいいらしいし。
観光客が多いわりには、浮ついたところがあんまりないし。
また行きたいです。

私の左耳の後ろには精密なアンテナがありまして、サーチはバッチリです。
ただし捕獲機能はオプションのため未装備 笑

by: フムフム * 2011/08/02 13:31 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/88-800eb25e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。