アギストリ島からアテネへ
2011 / 07 / 31 ( Sun )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

7/16 金
7:00 起床。ユルユルとパッキング。
プールでひと泳ぎしたいところだけど、水着の後始末を考えて、ぐっと我慢。
しかし、今日も暑い パッキングをしながら汗が出るので、エアコンを使用。
昨日、スーパーで買った、ネスカフェのフラッペを作ってみました。
少量の水にコーヒーの粉と砂糖を加え、シャシャカとシェイク
泡立ったところに、さらに水とミルクを注ぎ入れて完成です。
簡単なのに、確かにフラッペ。美味しい~
フラッペを作る (1) フラッペを作る (2)

10:00 外出。スーパーでピスタチオを購入。エギナ島産のもの。1袋3ユーロを3つ。
アギストリ_メガロホリにて (1)

私は利用しなかったけど、近くにはレンタル・バイク&自転車もあります。
道が整備されている島なので、使えそうですね。
アギストリ_メガロホリにて

部屋にピスタチオを置きに戻ってから、再び外出。静かなメガロホリ。
アギストリ_メガロホリにて (2)
アギストリ_メガロホリにて (3)

写真を撮りながら、港の方へ周ってみます。
昨夜、夕食を取った「カフェネス」。
アギストリ「カフェネス」 (2)
アギストリ「カフェネス」 (1)

公用車か一般車なのか。日本ではこんなペイントはやらないだろうなあ。
アギストリ_ミロスの港 で

黄色はミニ・トレインの走るレーンだったと思います。
アギストリ_ミロスの港 (1)

港から、泊った「メルテミ」を眺めます。中央、青い看板がある建物。
アギストリ_港から見たメガロホリ

11:10 散策を終えて、部屋を後にします。
港に着くと、滞在中に一度も姿を見ることはなかったバスが停まっていました。
私にとっては幻のバス 笑 時間があえば乗ってみたかったわ~
アギストリのバス

フライング・ドルフィン、ヴィーナス号が到着。
私が乗って来た時よりも、はるかに多くの乗客が降りて来ました。
乗り込む際にチケットを切る係の女性は、来た時と同じ人!
私のチケットの名前、チェックしないよね? ※ 大丈夫でした。

今回はエギナ島に寄らず、直接ピレウスへ。なので、少しだけ早く着いたような気がします。
降りたE8のGATEも、地下鉄の駅から少し遠いところ。まあ、地の果てのE1よりはマシ。
駅へ向かう歩道橋の上から。
ピレウスの街

12:40 ピレウスの駅へ。それほど混んでいません。
ピレウス駅

13:15頃にモナスティラキ駅に到着。いつもと違う出口から出てしまい、余計に歩く羽目に
汗ダクでホテルへ。
定宿になりつつある「アリオン」にチェックイン。
アテネ「アリオン」

私のギリシャ語の先生で、アテネに里帰り&実家の旅行代理店の手伝い中のコスタスに電話。
今日は某TV局の撮影に同行して、エピダヴロスにいるそう。
「ポスターを見たよ」とのこと。(妙にあっさりしていましたが)

KEMが入っている、アウトレットを探しに行くことにします。「KEM」とはギリシャのバッグ・ブランド。
ここのダイナソー・シリーズの製品が欲しいのですが、サイトではすでにカタログから落ちています。
旅の前にメールで問い合わせたら、「アウトレットのショップに置いてある」と返信をもらい、
住所も教えてもらったのです。
その住所、Pireos St. はホテルから歩ける距離の通り。
近道をしようとEviripidou St.を通ったら、かなり怪しい雰囲気の通り。
中東と中国、南アジアがミックスされたエリア。そうだった この辺りはそういう地区だった。
思わず速足で通り抜けます。

教えてもらった住所に行きますが、それらしい建物は見つかりません。
そもそもアウトレットがありそうな通りじゃありません。
キレイなホテルが一つあり、道路は広いのですが、並んでいる店は裏町っぽい雰囲気。

いったん探すのをやめて、コスタスの旅行代理店へ向かいました。確か18時まで営業のはず。
17:15にオフィスに着きブザーを鳴らしますが、ドアには鍵がかかっています。あれ?
と、ドアが開き、初めて見るギリシャ人女性が迎えてくれました。
聞くと残っているのは彼女だけで、他の人は17時で退社したそう。明日は9-13時まで営業。
明日、来られるかわからないしなあ。ポスターの件、彼女も知っているかしら?
「ああ、コスタスのお友達なのね。ポスターね」
彼女は部屋の、ロッカーのような場所からポスターを取り出してくれました。
お礼を言って、代理店を出ます。

ホテルに戻って、レセプションでアウトレットのことを尋ねてみました。
KEMからのメールに書かれた住所であれば、やはり私が行ってみた辺りらしい。
「移転したのかも。上のPCで調べてみたら?」
ということで、Breakfast Roomの隣にある、サロンの隅に置かれたPCでネット検索。
何故か設定がドイツ語から切り替わらないのですが、調べるだけなら大丈夫。
あれ?・・・アウトレットって、アテネじゃなくてピレウスに近いような・・・
Pireos St. はピレウス方向へ続く道です。
なんとなくわかったところで、すでに19時近くなっていました。
明日また探すことにして、今日はCDを買いに行こう。

毎度お馴染みの、「Metropolis」で大人買い!
既にチェック済みなので、迷わずサクサクと選びます。
でも旦那衆ことProfessional Sinnerzが歌う、W杯のキャンペーン・ソングも欲しいなあ。
スタッフに尋ねてみました。
「この人たちが歌っている、W杯の曲って発売されていますか?」
「彼ら、HipHopだよ」「知っている。歌ってるのよ」
「知らないなあ。そのCDが最新盤だよ」「これには入っていないんですよ」
「HipHopでW杯の歌?」「ステージで歌っているのを見たし、PVだってあるんだから!」
ということで、駄々をこねて調べてもらったのですが、結局わからず。
「次のCDに入るんじゃないの?」とスタッフのお兄さん。それじゃ、W杯終わっているよ・・・
※帰国後に調べたら、この曲はネットでのダウンロードのみでの販売でした。

質問ついでにVATについても尋ねたら、またまた混乱
「レシートでいいんじゃないの?」「別の書類が必要なはずだよ」
「わからないなあ。(別のスタッフに尋ねる)」
聞かれたスタッフも「レシートでいいんじゃないの?」違う、絶対違うって!
しばらく、ああだこうだと話したのですが、最終的に「レジで聞いてくれ
ああ、もう~

で、レジで会計時に尋ねたら、あっさり「OK」。スタッフ間の情報共有を頼みますよ
でも「OK」と簡単に言ったわりには、前回の人の情報が残ったまま入力したため、
わけのわからない書類がプリントアウトされ、やり直した書類も日付が違っていて、
しかも間違った箇所を、修正テープで直しちゃいましたよ!
この書類で通るんだろうか?半分諦めておこう・・・

それでも、欲しかったCDを購入できたので満足!
スーパーで買い物をして、ホテルに戻ります。

21:15 近くのプシリ地区で夕食を取ることにしました。
「タベルナ・トゥ・プシリ」に行きたいのですが・・・あれ?やっていないのかな?
明りも一部しかついていないような???
対照的に隣の店が賑わっています。どういうことなんだろう?
呼びこみのお兄さんにメニューを渡されたので、とりあえず見てみると、特に高くはなさそう。
これだけ人が入っていたら、大ハズレということもないかな。
オーダーは以下の通り。合計で 15ユーロ。

ボイルの野菜 4.0
スズカキア 7.0
ビール(アムステル500mlのジョッキ) 3.5
プソミ 0.5

結構な量の野菜です。不足気味だから、このくらい食べないと。ビートも入っています。
アテネ_プシリ「オ・ラキス」? (3)
スズカキアはピリっと香辛料が効いた味付け。辛いソース?も添えられています。
ビールに合う好きな味。
アテネ_プシリ「オ・ラキス」?(1)
屋外席で蚊に刺されてしまったのと、お店が満席状態でうるさいので、
サクッと食べて、帰ることにしました。支払いには1ユーロを追加。
店の名前がはっきりしないのですが ^^; 右端の「ラキス」が店名か?
昼間に撮った外観写真。開店前ですが。
アテネ_プシリ「オ・ラキス」? (2)

部屋に戻ったら22:30。
あれ、ここのTVはMADが映らない?。画面表示はMADでも実際は違うチャンネルです。
前は見ることが出来たような気がするんだけどなあ。
珍しく24時に就寝。

€€ 会計メモ €€
交通費 メトロ(ピレウス→モナスティラキ) 1.0
食費 アギストリのスーパーでピスタチオ 9.0
    アテネのスーパーで菓子など11点 15.43
    エスティアトリオで夕食 16.0
宿泊費 約80ユーロ(日本で予約・支払い済み)
その他 CD計9点 128.2 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

18 : 21 : 12 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<アテネ二日目 | ホーム | アギストリ島二日目>>
コメント
★車の

へたれな感じの文字がイカすな。

by: Tomoko * 2011/07/31 22:12 * URL [ 編集] | page top↑
★Re: 車の

>Tomoちゃん

いつ、いかなる時も、ギリシャのセンスを侮るなかれ。
この力の抜け方は真似できないね。ブラボー!

by: フムフム * 2011/07/31 23:20 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/92-2043d413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |