スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ギリシャを離れる日
2011 / 08 / 03 ( Wed )
※2010年5月19日~7月20日までのギリシャの旅の記録です。

今日に至っては、ついにメモさえありません。記憶が頼りです ^^;

7/19 月
はぁ~。とうとう日本に帰国する日が来てしまいました。
これまでの旅で一番長く楽しんだはずなのに、十分なんてとても思えません。
パッキングしながら涙目・・・

朝食を取ったら最後の散策。
何か買おうかなと、お土産屋さんが多い、近くのパンドロス通りに行ってみますが、
時間が早いのか、まだほとんどのお店が準備中。結局、手ぶらでホテルへ戻ります。

11:40 チェックアウト。
12:00 モナスティラキ駅から、空港行きのメトロに乗ります。6ユーロ。
ホテルの最寄り駅がモナスティラキということもありますが、
エアポート・バスよりも、ゆったりとしたメトロの方が好みです。
やがて電車は地下から地上へ。今日も良い天気だな・・・
車内ではボーっとしています。またも涙目・・・

13時前には空港に着きました。
帰国便は16:15発ですが、チェックイン・カウンターがあいているみたい。
明るいスタッフ(タイ航空ではなくスイス航空の人だった 訂正swissport)に、
荷物を託します。
スーツケースはチェックイン・カウンターで引き渡しますが、リュックはカウンターでタグをつけて
もらったら、カウンターの並びにある別のセキュリティ・レーン?に自分で持っていきます。

今回、私は初めてVATの払い戻し申請をする必要があります。
Metropolisで大人買いをしたCD9点分・128ユーロに対し、24ユーロ程が戻って来ます。
出国審査を通過した右に、VAT払い戻しの申請ブースがありました。
カウンターにいたのは女性スタッフ。早速、書類を渡します。
あ~、修正テープで直した書類で大丈夫なんだろうか???ドキドキするわぁ
私の心配をよそに、女性は笑顔で「ギリシャ音楽が好きなの?」
「もちろん!特にこの人」と、ミロンのCDを見せる私。
「私、日本の歌を知っているわよ」 「え?本当ですか?何を?」
そして彼女が口ずさんだのは・・・なんと君が代でした 驚!
歌い終わると書類にスタンプを押し、戻してくれました。手続き終了~。
「払い戻しは、どこで、どうやって受け取れるんですか?」
「三か月以内に、ギリシャに来る予定はある?」
「う~ん、来年なら可能性はありますけど」
女性は電話でどこかに問い合わせてくれます。
「(Metropolisの)店頭での払い戻しになるそうよ。でも、アテネの中心よねえ」
「今から市内に戻ることは出来ない・・・あ!あります!Metropolis!空港内に!」

ということで、再び入国審査をして(!)空港内のMetropolisへ。
レジのお姉さんは書類を受け取ると、テキパキと処理をし、現金を渡してくれました。
ここでそのまま終われば良かったのですか、ふと「あれ?結局何%の戻りだったのかな?」
何だか計算が間違っているのではないか?という疑念がモクモクと。
再びレジに行き、「私、何%の戻りを受けたことになるんでしょうか?」と聞いてしまったものだから!
レジにいたのは、先ほどのお姉さんではなく、中年男性。
何故か話がかみ合わず、気付けば私の後ろにレジ待ちの人!やばいっ!
バック・ルームにいた別のスタッフが話を聞いてくれたのですが、
「税率がすぐ変わっちゃうから僕らも混乱するんだよね。これ、間違っているのかもしれない」
結局、最初のお姉さんがやって来て、丁寧に説明をしてくれました。
私が、商品に掛っている税率と、支払いに対して戻ってくる金額の割合とを混同したためで、
お姉さんに落ち度はありません。ああ、ごめんなさい~
「ティポタ!」と笑って言ってもらえて良かったです・・・

そんなことをしていたら、予定外に時間を使ってしまい、あわてて再度、出国審査へ。
※出国審査をする前にVAT払い戻しの申請ブースに行けなくもないようです。
 ブースの作りがそんな感じでした。


お世話になった友人に、お礼の品を買うつもりだったのですが、他のお店をのぞく時間は
ほとんど残っておらず、尋ねた店では目当ての品は見つからず。
バタバタと出発ゲートへ。
機内では魂が抜けたかのような状態。旅ノートも書かず、心の中で「イヤだ、イヤだ~」

7/20 火
早朝にバンコクで乗り継ぎ、無事に成田に到着。
荷物で両手がふさがってしまっているため、乗り換えが必要な電車を避け、
直通のバスで吉祥寺まで行き、さらにタクシーで自宅へ。

はぁ・・・帰ってきちゃった・・・

帰りはこの荷物。スーツケースが小さいので、最後はどうしてもはみ出ます。
今回は嵩張るKEMのバッグや、絶対汚したくないミロンのポスターがあったので、
いつも以上に気を使いました。
青い筒状のモノが、自分にとっての最重要fragile品・ミロンさんのポスター。
帰りは大荷物

紙モノ・コレクターとしての持ち帰り品のほんの一部。お、重かった・・・
紙モノ・コレクターの成果 (1)
紙モノ・コレクターの成果 (2)

この時点ではアルバム2枚しか発表していないのに、4枚(一つは2枚組)あるミロンさんのCD 笑
(半年後、さらに増えました)
ミロンさんのCD

私が二ヶ月の長旅に出ると知った友人は、「せっかくユーロ圏にいるんだから、他の国にも
行ってみれば」と言いました。
私自身も、「途中で煮詰ったらそうするかもねえ」なんて答えていたのですが、実際は
「煮詰まる」なんてことは、まったくありませんでした。
まだまだ、行きたい場所、見たいものがたくさん残っています。
大変なことはあったけど、イヤな思い出はひとつもありません。
カメラを失くしてしまったけど、それを上回るものを得られたと思うし、
ドヌサ島での野宿だって、今となっては面白い経験です。
ギリシャで出会った人、みんなに感謝します。エフハリスト・パラ・ポリ!
またいつか、お会いしましょう!

€€ 会計メモ €€
交通費 メトロ(モナスティラキ→空港) 6.0

※国内移動費は省略
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

03 : 00 : 00 | 9.アギストリ島&アテネ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ちょっとお休みします | ホーム | アテネ三日目>>
コメント


あ~あ終わってもうた。寂しいね。次回まで、(戻ってくるまで)更新ないの??
現地から写メで更新できないのかなぁ?
リアルギリシャみたいなぁ!!
旅行中、メールしていいかなぁ~
妙にギリシャが恋しい今日この頃です

by: ホソ * 2011/08/03 08:18 * URL [ 編集] | page top↑
★>ホソさん

終わってもうたです・・・
しばらくは次の旅に集中です。
まだ、日本⇔ギリシャの航空券と帰国前のアテネのホテルしか手配してないから、
これから色々調べないと!・・・ってあと三週間だよ!
現地更新はないなあ。PC持参しないし、携帯は現地連絡用&緊急用だし。
あるとしたら、別ブログに「今、〇〇にいます」って一言入れるくらいかな?

by: フムフム * 2011/08/03 11:44 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/95-f87e53bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。