スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
シミ島二日目
2011 / 10 / 04 ( Tue )
※2011年8月24日~9月23日までのギリシャの旅の記録です。

8/26 金
7:00 教会の鐘の音で目を覚ましました。30分置きに鳴らすみたい。

8:15 朝食を取りに階下へ。シンプルですが、けっこう品数はあります。
外側(屋根はありますが)のテーブルで食べます。広~い。
ちょっと蒸し暑いので、扇風機が回っていました。
シミ_ホテルの朝食 (2) シミ_ホテルの朝食 (1)
シミ_Hotel Nireus

9:30 外出。
バス停の場所と時刻をチェックしてから、港周り(この辺りは「イァロス(ΓΙΑΛΟΣ )」という地区)を
散策。
その後、カリ・ストラータ(ΚΑΛΗ ΣΤΡΑΤΑ) を上ってホリオへ。
シミ_カリ・ストラータへ
写真の左に進みます。(緑色の標識が見えますか?)
約500段あるという階段道です。左手に時折、海を眺めつつのんびり上ります・・・
というのは嘘で、暑くて暑くてバテバテ とてもじゃないがスピード・アップは無理。

上ってすぐ、かわいい子猫たちに会いました。
シミ_カリ・ストラータの猫さん (2)
シミ_カリ・ストラータの猫さん (3) 暑いのに、お店の前に仲良くかたまっています。

カリ・ストラータの道の両脇には
シミ_カリ・ストラータ (2)
キレイな建物と

シミ_カリ・ストラータ (3)
廃墟のような建物と。

途中で右折して、さらに階段は続きます。
シミ_カリ・ストラータ (1)

何とか20分ほどで、ホリオ(Χωριό )のタベルナやカフェ、お店が並ぶあたりまで来ました。
ここでかわいい猫親子に遭遇して撮影タイム。
シミ_カリ・ストラータの猫さん (1)

「Museum」の標識があったので細い道を進むと、こぢんまりとしたミュージアムに到着。
キレイなモザイクの涼しげな中庭に入ると、右手に建物への入り口。入場料は2ユーロ。
シミ_ホリオのミュージアム (2) シミ_ホリオのミュージアム (1) 中庭にぶどう棚。
シミ_ホリオのミュージアム (3)
シミ_ホリオのミュージアム (4)

メインの建物に5つに分かれた展示室、小さな別棟には2室。
遺跡からの出土品以外に、家具や古民具、船関連、民族衣装などの展示がありました。

ミュージアムの周囲には、古い建築様式らしい家屋があります。
シミ_ホリオ (2)
シミ_ホリオ (1)

周囲を散策したら、ペディ・ビーチ(Πέδι )へ向かいます。
シミ_ホリオからぺディへ
下りだし距離からも(ホリオから2km)楽勝と思っていたのですが、とにかく暑くて暑くて!
シミ_ペディ・ビーチ
途中で眺めの良さそうな教会&墓地(↑ 上の写真を撮った場所)に寄り道したりしながら、
30分以上歩き続けてやっと到着。ハァハァ・・・
シミ_ペディ・ビーチ (2)
ビーチというより小舟が浮かぶ湾といった感じですが、浅瀬なのか、子供も多く泳いでいました。
某予約サイトに破格の値で出ていた「ペディ・ビーチ・ホテル」は海の目の前。
水着を持って来ていないし、のんびりとした湾をぐるりと周って引き上げました。
シミ_ペディ・ビーチの猫 ペディ・ビーチの猫さん

14:20 再びぜぇぜぇ言いながら、ホラに戻りました。体力の限界近し
バス停そばのペリプテロでアイス(2.2ユーロ)を買って休憩。
日陰に入ると快適なのに、お日様の下は灼熱のアフリカのよう。(行ったことないんですが)
汗をリットル単位で流しているんじゃなかろうか?腕に塩分浮いちゃっていますよ、私。

15:00 勇気を出してホリオの街(村?)の中へ。
って、すぐにカフェ二オで休憩しちゃいました。店の名は「レフテリス」。
緑のチェア&テーブルが涼しげです。
誰が客で、誰が店のスタッフなのか確認後(笑)、フラッペ(2ユーロ)をオーダー。
店主?はヤニスという名前らしく、彼の「フラッペに砂糖がいるか?」との問いかけに
私がギリシャ語で返事をしたら、ニヤリと笑いました。
飲みながら旅のノートを書きます。居心地がいいなあ。
隣のテーブルのギリシャ人、流れているギリシャ音楽に合わせて歌っています。
そんなにおじさんでもないんですけど。
シミ_ホリオのカフェ二オンにて (2)
シミ_ホリオのカフェ二オンにて (1)
遠くに海が見えます。

のんびりと一時間程を過ごし、店内のカウンター前にいたヤニスの所へ行き、
「ロガリアズモ(会計)を」と再びギリシャ語で話しかけたら、またも「ニヤリ」とするのでありました。

広場の横を進むと、カストロがあるエリアにつながっている様子。
方向も方角もわからないまま、とりあえず歩き回ってみることに。
シミ_ホリオ (4)
港があるイァロスを見降ろせます。こうして見ると、大型船が入るには狭い港ですね。
シミ_ホリオからイァロスを見る

どんどん進むと、渋い教会(「パナギア・キア」とありました)と、その先にも教会が。
シミ_ホリオ (5) シミ_ホリオ (8)
シミ_ホリオ (6)
※いい写真が撮れなかったのですが、この教会の裏手も眺めが良い場所でした。

どうやらこの辺りがカストロのようです。
反対側から周って来たようで、気が付きませんでした。
シミ_ホリオ (7) シミ_ホリオ (9) シミ_ホリオ (3)

体力の限界が近いので、ちょっと歩くとフラフラ。
それでも住宅が並ぶ間にかわいい子猫のきょうだいを見つけて、燃料チャージ。
シミ_ホリオ (10) シミ_ホリオの子猫 (1) シミ_ホリオの子猫 (2)
シミ_ホリオ
↑ あちら側にも行ってみたかったのですが、時間と体力とを考えて見送り。
来た道を、ホリオの広場付近へ戻ります。

タベルナ「ヨルゴス&マリア」に寄りたかったのですが、すぐに開店する気配がないので、
いったんホテルに戻ることにします。
帰りもカリ・ストラータを通ります。下りだから楽チン。
あ、再びの猫親子だ~。子だくさんだったのね。
シミ_カリ・ストラータで再び

本当に暑かったこの日。猫さんの様子でもわかります。
シミ_カリ・ストラータ (5) シミ_カリ・ストラータ (4)

スーパーで水とジュースを買って、19:00にホテルへ。
シャワー&洗濯の後はダラダラ。

21:00前に外出。うわぁ~、ものすごく蒸し暑い 海が近いとこうなのかな? 
21時発のホリオ行きのバスには乗れないなあと、それでもバス停に向かったら。
あれ?バスがいる!
が、やっぱりタッチの差で乗れなかった。時計を見たら、7分遅れで出発してた・・・

仕方なく、カリ・ストラータを汗だくで上って、「ヨルゴス&マリア」に行ったら、
ものすごい人の数!スタッフに聞いたら、席が無いって~。(空いている席はreserved)
金曜日なのでこれからライブもあり、待っても難しいって・・・

仕方なく近くの「Ο Μύλος(ミロス)」へ。ここも混んでいましたがとりあえず席はありました。
下の写真は、この日の昼間に撮ったものです。
シミ_ホリオ「ミロス」 シミ_ホリオ「ミロス」 (2)
店がステップ構造で見渡し出来ず、かつホールスタッフが一人なので、
スタッフを呼んだり、サーブ等にちょっとばかり時間がかかります。
オーダーしたのは以下。合計で19.5ユーロ。

トマトとアボガドのサラダ 6.0
チリ・ビーフ 11.0
ビール(ミソス smallですが500mlだったかな?) 2.5
※プソミ(パン)はオーダーをしないと出ません。(0.5ユーロ)

シミ_ホリオ「ミロス」にて (2)
シミ_ホリオ「ミロス」にて (3)

サラダはハーフに出来るって言っていたのですが、結果的には通常のポーションで。
実はアボガドってあまり好きじゃないんですが、トマトだけのサラダがなくてやむを得ず。
でも、チリ・ビーフとはうまく合いました。
チリ・ビーフ(ギリシャ料理ではないと思います)は、おかわりしたいくらい美味しかった!
辛さに深みがある感じ。

せっせと食べて完食です。
で、会計しようと思ったのですが、前述したようにスタッフのお兄さんがなかなかつかまらず。
やっと伝票をもらっても、今度はなかなか代金を受け取りに来ません。
(他のテーブルにつかまっている)
テーブルに20ユーロを置いて出ようかなあと思っていたら、巨大猫がやって来たので
しばし遊ぶことにしました。
このお店では、3、4匹の巨大な猫が我がもの顔で歩き回っているのです。
シミ_ホリオ「ミロス」にて (1) シミ_ホリオ「ミロス」にて (4)

厨房から出てきた女性スタッフに、「お店の猫ですか?」とギリシャ語で聞いたら、
「Όχι(No)。あそこのカフェ二オンの猫なんだけど、ここでガツンと食べていくのよねえ」
と笑いながら教えてくれました。確かにたらふく食べていそうだ。

そうこうしていると、ホールスタッフのお兄さんが来てくれたので、
「これ(20ユーロ札)でOK?」と確認して、店を出ます。
「ヨルゴス&マリア」の脇を通ると、ものすごい賑わいでした。

カリ・ストラータを下り、イァロスへ戻ります。
イァロスもすごい人出!そして蒸し暑い~
シャワーを浴びて、旅のノートを書かなきゃと思いつつベッドでウトウト・・・
ちゃんと寝たのは3時近く。

€€ 会計メモ €€
食費  タベルナで夕食 20.0
     カフェ二オンでフラッペ 2.0
     スーパーで水など2点 2.0
     ペリプテロでアイス 2.2
宿泊費 85.0 
その他 ミュージアムの入場料 2.0
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

01 : 56 : 40 | 1.ドデカニサ諸島ホッピング | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<シミ島三日目 | ホーム | アテネ到着ロドス島経由シミ島へ>>
コメント


ミロスのチリビーフ美味しいですよね^^

この日のタベルナ・ヨルゴス&マリアは音楽家の団体予約が入ってた日だったかも?
私達は7時少し前に行って大丈夫だったんですが(開店時間か直前)、遅めの時間だとかなり混むんですよ。

他の島も結構そうですが、徒歩だと本当に体力勝負ですね。
カフェはホリオのメインストリートから少し離れたCafe Manteioもいいですよ。サボテンカクテルとかローカルチーズがあります♪

by: salahi * 2011/10/30 21:07 * URL [ 編集] | page top↑
★>salahiさん

ギリシャ料理の説明では、「ギリシャのごはん」にお世話になっています e-466
美味しいですよねえ~。チリ・ビーフ。
ヨルゴスの店に行くつもりだったので、何を食べるかちょっと迷ったんですけど、
salahiさんorご家族が食べていたような気がして頼んでみました。
当たり!な美味しさでした~

> この日のタベルナ・ヨルゴス&マリアは音楽家の団体予約が入ってた日だったかも?

ああ、そうかも。テーブルの配置がそんな感じでした。
早く行っていればお会い出来たのかもしれないですね。残念。
ギリシャに行くと、だんだん夕食の時間が遅くなってしまいます^^;

今回は港付近に宿を取ったこともあり、ホリオを回り切れなかったので、
次にシミに行く際はビーチとホリオをメインにしたいです。
カフェの情報も、φ(..)メモメモ

by: フムフム * 2011/10/30 23:00 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kalotaksidi.blog135.fc2.com/tb.php/99-78e4ced2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。