スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
アテネ三日目
2016 / 11 / 12 ( Sat )
※2015年6月18日~7月15日までのギリシャの旅の記録です。

7/13 月
今日は一気にお買い物!

7:00 起床。サクッと朝食。

9:00 外出。
まずは「BOSTON MODA」に行き、パーツ選び。
お目当てはザクロのモチーフだったのですが、どうもないみたい。
島仲間のyumyumさんのリクエスト「ピンクのタコ」を探すと、それらしいものが壁に下がっています。
妙にデカイけど、あれなのかしら?すでに、ややゴツいチェーンが付いています。
型番を知らされていたので、お店の人にHPを確認してもらいましたが、「あ~、ないわ」
あら、残念。

お礼を言って別のものを探そうとしたら、「あ、あるわ!」とお店の人は壁まで歩いて行き、
チェーン付きの巨大なピンク・タコを外してくれました。
やっぱり、これかw
まあ、チェーンが嫌なら取ってもいいだろうし。購入です。
他にも迷いに迷って(30分以上)、サイズ色々5種類購入し、計10ユーロ。
端数をおまけしてくれました。
※このピンクのタコは別ブログで記事にしました。→ ここ

お次はメトロモール(athens metro mall)へ向かいます。

公共交通機関は無料です。ツィプラスよ、いいのか?本当に。
アテネ_駅の貼り紙

10:30 到着。今日からセールなんだ~
アテネ_メトロモール

パブリック(Public)でCDを見ましたが、シンタグマの店舗でチェックしたもの以外に収穫無し。

お気入りスーパーの「アルファヴィータ(ΑΒ)」へ。
でも、毎年、購入するものが少なくなるような・・・

ΑΒで会計を済ませて店を出た後、オリーブ(袋入りのオイル漬け)をもう少し買うつもりだったことに
気付きました。
商品が入った袋(この時は自前のエコバッグ)を店内に持ち込むと、トラブルの元なのよね。
どうしようかなあ?

店の入り口付近にいた警備員のお兄さんに声をかけてみました。
「もう一度、お店の中に入りたいんです。でも、これを持っていて」(とりあえずギリシャ語で)
お兄さんは私からエコバッグを受け取ると、ΑΒの店内をのぞいて店員を探している様子。
でも、近くに誰もいないようなので、お兄さんは入り口そばの死角になる場所に行くと、
置かれていたポールパーテーションの上部に、エコバッグを引っ掛けました!
え?

「ここにいてくれるんですか?」
「5分間ね」

急いで店内に戻り、追加のお買い物。
多分、5分をオーバーしてしまったと思うけど、お兄さんはその場にいてくれて、
「心配しなくていいよ」と、笑ってエコバッグを渡してくれました。
ありがとうございます

当時、ATMの引き出しに制限がありました。(ギリシャの国内口座)
在庫が尽きたのか、「使用不可」。
アテネ_「ATMs使用不可」
(ちなみに翌日にはちゃんと使用可能になっていましたよ)

荷物が入ったエコバッグを持ったまま、メトロでオモニアへ。
オモニア駅からは徒歩で考古学博物館へ。
展示は昨年、じっくり見ているので、今回の目的はショップのみです。
アテネ_考古学博物館

建物に入り、まっすぐにショップがある階下へ行きました。
ところが。

アテネ_考古学博物館のショップ
「DO NOT ENTER」

はぁ???
どういうことよ?

中庭に面したカフェを見ると、中を通ってショップに行けるようにも思えますが、
ショップの灯りは消えてるし・・・
「もういいや」モードになってしまったので、昼食を取りに行くことにしました。

道にあった「ΟΧΙ」
アテネ_国民投票の跡
国民投票があったのは、つい先日のことですからねえ。

今日のお昼は「クリティ(Η Κρήτη)」と決めていました。
オモニアの近くなので、夕食よりも昼食だなと。
私が好きなシェフ・カリディス氏のガイド本でも紹介されています。
もちろん、こちらでも。
ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)ギリシャごはんに誘われてアテネへ (旅のヒントBOOK)
(2013/11/25)
アナグノストゥ直子

商品詳細を見る


行く気満々だったわりには地番を控えておらず、「広場でアーケード内」という記憶が頼りでしたが、
無事に辿り着けました。時刻は13:15。

通路の両脇がお店。
アテネ_「クリティ」 (1)
エプロン姿のお姉さんがサーブも会計も担当。
丁寧で、好感度の高いサービスでした。

この時は私がいる部屋はまだ誰もいませんでしたが、この後で2組やってきました。
アテネ_「クリティ」 (4)
アテネ_「クリティ」 (3)
通路のテーブルにいるのは、常連のリタイアおじさん達なんだろうな。

英語メニュー。料理の説明はシンプルです。
アテネ_「クリティ」 (2)
地図の赤丸はシティアという街。オーナーのルーツはこの街だそうです。

オーダーは以下の通り、合計で12.2。支払いは13.0で。(14でも良かったですね^^;)

グリルド ポーク(レモンソース、オレガノ、マスタード) 7.2
プチトマトのスパイシー・フェタ詰め 少なくしてもらったので4.8→2.5
ビール(FIX) 2.5
プソミとテーブルウォーターは無料でした。

アテネ_「クリティ」 (5)
見た目もかわいい、プチトマト♡
ポークは角煮みたいにトロっとしていて、マスタードが良いアクセントになっています。
美味しい!!!
他のメニューも試してみたい!

食べ終わったお皿を下げてもらったら、サービスのヨーグルト。
アテネ_「クリティ」 (6)
添えられたのはヴィシかな?これも美味でした。

14:40 満足してお店を出たら、本屋巡りです。
順番としては、パタキ→ポリティア→パパソティリウ。
実際に購入したのはポリティアとパパソティリウで。
※「パパソティリウ」がパネミスティミウ通りの店舗を閉鎖したみたいです。
困るなあ。


勢いでPublicにも行こうとしたのですが、さすがに荷物の重さが限界。
いったんホテルに戻ります。

休憩して再び外出。
PublicでCDを購入。迷ったけど、1枚だけ。
ここで買うと、シンタグマでもメトロモールでも、必ずギリシャ語で話かけてきます。

他にもいくつかお店を回りましたが、結局、今日の買い物はここまで。
実は「Forget Me Not」で「Meet the Greeks」のシリーズを買おうかなと思っていたのですが、
実物(紙を組み立てるもの)を見たら、7ユーロ出すこともない気がしてやめちゃった。
アテネ_「Forget me not」
でも、本屋さんにおいてあった「Meet the Greeks」の案内パンフ(と言うのかな?)は、
しっかりと入手しているちゃっかりな私。
※ 購入したあれこれは別ブログで記事にしました。→ ここ

19:50 猫給食へ。
時間が遅くなってしまったからか、昨日程がっつく様子はありません。
もう、たっぷりもらえたのかな?
それでも、後からやって来たコのために、猫缶を4つ使いました。
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (2)
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (3)
アテネ_アクロポリス北で猫給食 (1)
のんびりする猫さんと、1時間程過ごします。

ライトアップされたアクロポリスを写真に収め、ホテルに戻ります。
アテネ_アクロポライトアップのリス

シャワー&洗濯を済ませたら、パッキング開始。
今回も紙モノがいっぱいです。
キャリーから溢れるわけではないけれど、なかなかうまく出来なくて、
床一面に並べた状態から進まず。
旅のノートもたまってしまっているので、続きは明日にして、中途半端ながら
今日のパッキングは終了。
ノート書きも頑張ったけれど、眠さに負けて1:45に就寝。

€€ 会計メモ €€
食費 ラカディコ(と言うタイプなのですね)で昼食 13.0
    ペリプテロでファンタ 1.3
宿泊費 60.0(2泊+1泊で予約したので、3泊目は料金が異なります)
その他 アクセサリー・パーツ 10.0
     書籍 3冊で29.69
     CD 1枚 10.0
     スーパーで食品(お土産として) 18.91

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

01 : 53 : 29 | 4.アテネ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。